« フィラリア予防薬について | トップページ | フィラリア予防薬の働き »

2005年8月23日 (火)

猫にもフィラリアの予防薬は必要?

ネコの飼い主さん達から

ネコの場合もフィラリアのお薬を飲ませたほうがよいですか?

という質問があります。

ということで今回は、ファイラリア予防薬(ネコ編)です。

フィラリアにかかる可能性はもちろん、可能性はゼロではありません。が、

ま~ず無いでしょぉ~ 

というのが須崎の見解です。

犬の場合、日本(北海道以外)では、3年くらい何も予防をせずに過ごした場合、90%以上の確率でフィラリアに感染(症状は出ないかもしれないけれど、心臓に虫がいる状態)するくらいポピュラーな病気です。

猫の場合、「新潟県における猫の犬糸状虫感染に関する調査(2000年 日本小動物獣医学会 山田英一先生、他)」の報告によると、1.39%(216頭中3頭)

全国的にも2~3%といわれております。

本来、犬に住む虫なので、猫の体内では成長しにくいのです。

ということで、フィラリアを持った蚊にさされても、何の問題もなく生活できる猫がほとんどだということです。

ただし、ごくまれに運悪く感染してしまい、重い症状を発症し、死亡してしまうことがあります。

というのも、猫の心臓は犬と比べて小さく、2、3匹でも心機能に支障を来す可能性があるからです。

また、心臓だけでなく、神経系にも入り込んでしまうケースもあります。そのため、予防をすすめる獣医さんが増えてきています。

ちなみに、人の感染例もわずかながらあります。

フィラリアの予防薬の話をきかれることが、増えてきましたがすごく蚊に刺されるとか、「前の犬をフィラリアで亡くしたから、絶対にフィラリアだけには感染させたくない!」という飼い主さんは検討されたらよいと思います。

もし私が、実家の猫を引き取ってうちに連れてきたとしたら…

予防薬は摂取しません。

薬の負担がフィラリア感染のリスクを上回ると考えるからです。

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!

Clearspace20x100



02:57 午後 須崎動物病院_診療 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101215/5598341

この記事へのトラックバック一覧です: 猫にもフィラリアの予防薬は必要?:

» ところで、猫のフィラリア トラックバック 縁の下の力無し
こないだ誰かにちらっと話したけど、誰だったか思いだせん(^^; にゃんこのフィラリア予防薬。 うちは飲ませておりません。 猫用が一般に発売されたのは、たぶん98年ではないかと思う。 というのは、97年3月生まれの兄ズが1歳を過ぎてから初めて動物病院のポスターで知り、飲ませるかどうかを検討することになったからだ。 当時の担当医はとてもよく出来たインターンのお兄ちゃんで、彼の意見はこう。 「フィラリアへの対症療法は、未感染の子と、既に感染してる子とでは使う薬も方法も全然違う。 感... 続きを読む

受信: 2005/08/23 23:07:08