« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月22日 (木)

水分を含んだ食事

先日往診に行ったときのケースもそうでしたが、皮膚の痒みは、本人も、そばで見ている方も辛いものです。

当院には薬を使わない方法はないかという飼い主さんのニーズが多いのですが、
乾燥した食事より、水分を含んだ食事にしてみることを第一優先事項としておすすめしております。

それと同時に痒み対策が必要になることがあるのですが、薬の副作用が気になる方には、内服薬よりは外用薬が、いいかもしれません。

当院には「かゆみ対策用外用液

というものがありますが、山に自生している薬草を、実際に山に入って採取し(よく、「そこからやるんですか!?」と驚かれます)、洗浄・乾燥してからアルコールに浸けてエキスを抽出して作っています。

当院をご利用いただくこだわりの飼い主さんが、大切な愛犬・愛猫に、安心してお使いいただけるものを提案したいのです。



02:59 午後 ペットの手作り食 | | トラックバック (5)

2005年9月18日 (日)

ペパーミントティー

最近、「デトックス(解毒)のために、ペパーミントまたはペパーミントティーを手づくり食に取り入れるのはいかがでしょうか?」というご質問をよくいただきます。

ペパーミントは、犬猫では、消化器系のトラブルに有効なことがあります。私はあの葉っぱを口にすると、おなかが暖かくなるのがわかります(私だけかもしれませんが)。

全国の飼い主さん達から寄せられる実践報告の中にも、ペパーミントで皮膚病改善しましたとか、ペパーミントティーを飲んでから、口臭、体臭が減りました、というものがあります。

問題が起こるものでは無いようですから、取り入れる価値は十分あると思います。

ただ、こういうものは何でもそうですが、全てのケースで有効!とか、劇的な効果が!とかいうものではないので、まずは少量から試してみてください。



10:00 午前 ペットの手作り食 | | トラックバック (10)

2005年9月17日 (土)

毒出しジュース

また今回もスカパーネタですが、最近、身体のあちこちに発疹ができているという、ミニチュアダックスのぷりんくん(男の子・2才・5.6キロ)のお話しです。

彼はなんと、生後5ヶ月ごろ人間用の鎮痛剤を12錠ちかく食べてしまった!!という過去を持つそうです。


発疹ができやすいこの特徴として、
あまり水を飲まないというものがありますが、ぷりんくんもやはり
「暴れた後と、おやつの後以外はあまり飲みません」
とのこと…。

でも、
水分を十分に摂取して、排泄しないと、老廃物が体内にとどまり、しかたなく皮膚から出す、から出す、から出す、指の間から出すにつながることが…。

ということで、今回は、「毒出しジュース」を作ってみました。
ただの水よりも、味があるので好んで飲んでくれますし、おまけに最近話題のデトックス効果もあります。

材料はご自宅にあったニンジンとナシ!

ジューサーが壊れていたので(ぷりんくんが破壊したとか…)、

  • おろし器ですり下ろす


  • ガーゼで絞る

でできあがり♪

はたして飲むか…?

ぷりんくんとモコちゃん(女の子・1才・4.2キロ)はそろってガブガブガブガブ…。

一気に飲み干してくれました。

皮膚病の子に、野菜果物ジュースを飲ませると、効果的なことが多いので、試してみる価値はあると思います。

ちなみに、一気に皮膚から排泄が始まって、見た目ひどくなることもありますので(これはいいことなのですが)、心配な方はかかりつけの先生と十分にご相談の上、取り組んでくださいね。

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

Clearspace20x100



10:00 午前 スカパー撮影, ペットの手作り食 | | トラックバック (14)

2005年9月16日 (金)

エキノコックス

埼玉でエキノコックス虫卵検出!

埼玉の犬がエキノコックス 虫卵検出、北海道以外で初(共同)

大学時代に、北海道特有の寄生虫として学んだエキノコックスが、埼玉で見つかったという話です。

エキノコックスはサナダムシの一種で、犬やキツネのふんに含まれる虫卵が口から人体に入ると、数年以上かかって肝臓に病巣が広がり、手術で摘出するしかなくなります。ただし、人から人には感染しないとされています。

エキノコックスに関しては、こちらをご参照下さい。
(北海道大学大学院獣医学研究科寄生虫学教室のページ)

エキノコックス症(人間)に興味がある方はこちら

逆に、以前は北海道ではほとんどみられなかったフィラリア症が、今では普通に存在するようですよね。人の移動が活発になるにつれて、病気も地域性がどんどんなくなってきています。

そのうち世界全体も、何でもありになってしまうんでしょうかね。



10:00 午前 研究・レポート | | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

手作り療法食

今、放送されているスカイパーフェクTV!の「ぼくのおちゃワン」は、尿路結石症と診断された、トイ・プードルのマックスくん(男の子・7才・5キロ)のご相談!

動物病院で尿検査をしたところ、アルカリ尿で、ストルバイト結晶が出てきたとのこと。しかし、その3カ月前に検査をした時は、酸性尿で、シュウ酸カルシウム結晶がでていたとか…。

これまで、心臓病(憎帽弁閉鎖不全症)で療法食を食べてきたそうですが、あまり好きではなさそう。でも、療法食のおかげか、心臓はだいぶよくなったということでした。

今まで、食べていた療法食もきらいなので、療法食を変えましょうということで、2種類試供品をもらってきたところですが、それでもやはり手作り料理が好きなので、おいしい手作り料理で、身体を強くしたい、ということでした。

尿のpHでストラバイト結晶が出たり、シュウ酸カルシウム結晶がでたりというケースはよくあります。

でも、尿のpHって、食べたもので変化しますし、運動したり、生活環境を変えたりするだけでも変わります。

ということは、尿のpHは悪化要因ではあるものの、根本的な原因ではなく、尿路に炎症があるなどの根本原因が他にあることが予測されます。

例えば、尿路に細菌感染症があると、そのサインが「アルカリ尿」として出てきます。

難しい話はさておき、結石の原因になるような成分をあまり含まない食材(完全に含まないのはむりですが)で食事を作ってみました。動物性タンパク質はがメインです。
詳しいレシピは、スカパー「ぼくのおちゃワン」をご覧下さい。

美味しそうに食べてくれたので、よかったです。

スカパー「ぼくのおちゃワン」の難しさは、その場で、冷蔵庫にあるもので、適切な食事を、しかも短時間で作れるレシピを考えなければならないというところにあります。

もうかれこれ一年以上になるのですが、とにかく飼い主さんが喜んでくださるのは「短時間で作れるレシピ」であることです。

楽に毎日作ってもらわないと意味がないですから、須崎のレシピは、凝ったものはないのです。

スカパーの撮影に興味のある方はこちらをご覧下さい。



02:04 午後 スカパー撮影, ペットの手作り食 | | トラックバック (3)

2005年9月13日 (火)

頭のいい人は吹っ切り上手!

今売られている、PHPスペシャル10月号に、須崎の記事が5頁も掲載していただいております。

タイトルは、

~頭の悪い人がおかしがちな間違った切り替え方~
頭のいい人は吹っ切り上手!

今までお目にかかってきた「おしい方々(もっと、こうすればいいのにぃ)」を5タイプに分類し、それぞれの行動・思考パターンの傾向をご紹介し、その対策について解説させていただきました。

普段、私の講座では、具体的なテクニックをお伝えしているのですが、テクニックを学ぶ以前に、今の自分を見つめるだけでも、結構変わるものです。

そして、表紙には赤くデカデカと、
「頭のいい人、悪い人の気持ちの切り替え方」!

早速いただいた感想は「須崎君、おもしろかったよ。ああいう人いるよね。私も気を付けようっと♪」

月刊誌ですが、コンビニなどで売られているそうです。

ぜひ、ご一読いただければと思います。



03:46 午後 頭を良くする薬!? | | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

仔犬の一日の必要カロリーについて

1日の必要カロリーは、その子その子で違います。
ですので、

正しいカロリー量というものが決まっているという発想は捨ててください。

本などに載っているのはあくまでも目安です。

愛犬のための手作り健康食」では、一般的にドッグフードなどの基準にされているAAFCOの基準に合わせて書いています。

ですが、現実的には運動量や、消化・吸収能力の違いがあるので、

体型を見ながら調整する

というのが一番です。

一頭一頭正確な必要カロリー数を算出するのは「無理!」に近い難しいことなのです。

ですから、太りすぎていないか、痩せすぎていないか、きちんとチェックさえしていれば大丈夫です

子犬の頃は、ちょっとぽっちゃりしているくらいがいいでしょう。

また、胃が小さいけれど、栄養要求量が多いということもあって、少量を回数多く食べさせる必要があります

あまり神経質になる必要はありません。

それよりも、

沢山触れて、愛情を注いであげてください

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

Clearspace20x100



04:47 午後 ペットの手作り食 | | トラックバック (10)