« 千葉県船橋市で「愛犬の手作り食勉強会」 | トップページ | 短期集中「ペット食育インストラクター」養成講座のご案内 »

2008年3月12日 (水)

犬猫に、にんにくはどう?ニンニクとか、大蒜も!

こんなご質問をいただきました。

=======
私が子供の頃にはペットにはニンニクはあげてはダメ、というように教わった記憶があります。しかし、アメリカで手作りのビデオを見た際に(それは ペット用のraw food diet、なま肉や野菜など調理をせずに自然に近い状態であげよう、というのが主旨でした)ガーリックは生であげてください、エネルギーになります、とい うような感じで紹介されていました。

須崎賛成のニンニクに対する見解はどうでしょうか?あげても可、生でも可、あげては不可。など、教えて頂けるととても有り難いです。
=======

これはですねぇ〜。

タイムリーなご質問ですが、基本的にあげてオッケーです。
目安としては、10キロあたり、一かけぐらいだったら大丈夫とお考えください。

生か、加熱かは個々のケースによります。
消化管に炎症がある場合は、デトックスが最優先となります。
ニンニクを食べたことで下痢するなら、ニンニクを上げない様にしましょうという着地点も結構ですが、その程度で炎症がきつくなる原因を除去しようという着地点がオススメです。



ただ、大丈夫といっても、隕石にあたったり、雷が落ちる方がいるように、事故が起きる可能性はゼロではありません。ただ、こんなことを書くと、一部の方が『ニンニクは危険!』という解釈になり、方々で偏った認識の情報を伝達するという現象が起きるのが、大変残念なことなのですが…。



まぁ、自動車事故が怖いから道路を歩かないとか、飛行機事故が怖いから飛行機に乗らないとか、それは個々で自由なんですけど、それが全てだ、みたいな伝達はいかがなものかと思うわけです。
残念ながら、ペットの食事に関する情報は、こういう話がとても多いのです。



「ヒトを思考停止させるのは簡単だ!
 インパクトのある情報を提示すると、ヒトは思考停止するからだ。」

こんなことを私の師匠はおっしゃってました。


キシリトールがダメ!ブドウがダメ!

そこに、ちょっとでも、「なんで?」

という「間」があるといいんですけどね。



なにぶんスピーディーな世の中なので、検証されずにいろんな情報が不適切に伝達されていることも多いものです。
(ちなみに、キシリトールの話はこちら(その1その2その3)、ブドウの話は表面の農薬等が十分に洗い流されていないことで問題が起こるということです。ブドウそのものが問題ならば、とっくにネギと同じレベル以上の警告があるはずです。)


論文に掲載された情報ですら、個々のケースでは検証が必要なのです。




おっと、話がズレてきましたので、軌道修正致しますが、

ほとんどの場合問題ないでしょうし、上記の量だったらほぼ大丈夫です。


問題となるのは、ジャガイモの芽を食べるのと同じように、その辺に放置してあったニンニクを大量に食べた場合です。

その場合、どうしたらいいのでしょうか?

経過として二つ考えられます。



一つは、全く問題ない場合!

二つめは、問題(溶血性貧血など)が生じる場合。



で、対応が必要なのは問題が生じた場合ですが、基本的に追加で食べなければ、しばらくすると元に戻るということです。

ですから、もし仮に問題が生じたら、
軽いならば、落ち着くまで処置をし、
重傷ならば、輸血などを考える。
ということでいいわけですね。


反応はその子その子で異なります。
まずは、少量から試してみていかがでしょうか?


それと、生のニンニクが刺激が強いというケースがあるようですが、この場合は、当院の診療によると、消化器系にすでに炎症がある場合はこの様になる様です。とくに、神経系に潜むタイプの病原体がいる場合、症状が強く出るようです。下痢が出るのも、食材の問題というよりは、病原体のデトックスが根本解決につながります。

ですから、反応が強く出た場合、本当は病原体のデトックスを取り入れた方が良いと思っています。しかも、できるだけ早い段階で!

この対処をすることで、今までの食事に対する不安が消えるケースがドンドン増えてきているので、うれしい限りです。

みなさまのご来院により、日々新しい知見が積み重なっていくことを、本当にありがたく思います。



ということで、ニンニクはおおむね大丈夫!

問題は貧血だけど、食べさせ続けなければ軽い問題が発生しても落ち着く!

重傷になったら、輸血して反省させる(笑)

症状がひどくなるのは、消化器系に問題がある場合なので、根本解決に取り組む!





問題が生じたときの対応がわかれば、安心できますね。


以上が、「須崎賛成」の見解です♪

space20




Petacademy_logo_50x57 知らずに悩むより、知って納得してください。あなたの悩みを減らすペットアカデミーの学習教材

犬と猫に危険な食べ物?(その1) - 食塩、タマネギ、アボカド、魚介類、乳製品、米など - -

犬と猫に危険な食べ物?(その2) - チョコレート、カフェイン、アルコール、ナッツ・大豆、氷、ミネラルウォーター -

犬と猫に危険な食べ物?(その3) - 鶏の骨、青魚、キャベツ、ドッグフードを猫に…他 -

犬と猫に危険な食べ物?(その4) - ぶどう・レーズン、キシリトールほか -





Petacademy_logo_50x57 病気・症状別に学ぶ原因療法

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編





Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    



04:45 午前 ペットの手作り食 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101215/40471055

この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫に、にんにくはどう?ニンニクとか、大蒜も!:

» 猫の口臭 トラックバック 体臭予防と体臭対策を考える
猫の口臭の原因も人間と同様に、口の中(口腔)の病気と内臓系(胃や腸など)の病気によるものです。しかし、殆どのケースでは口腔の病気であることが多いです。虫歯や歯肉炎、歯周病、歯根膿腫などを挙げることができます。このように多くの口臭発生原因はありますが、全ての共通する要因は細菌の繁殖です。不衛生な管理により細菌が繁殖するためです。猫の場合でも放任で自由にするのではなく、定期的に歯磨きを施す必要があります... 続きを読む

受信: 2008/03/29 15:53:15

» 犬の口臭と便の臭い トラックバック 体臭予防と体臭対策を考える
犬の臭い対策どうしてますか?犬を飼っている多くの方は、臭いの問題に悩んでいるのではないでしょうか。糞尿の臭い、体臭、口臭などの問題が考えられます。室内で飼っているケースでは部屋が臭っていないか気になります。飼い主としては消臭しているつもりでも、そこで生活していると臭いに慣れてしまいます。そんな環境下において飼い主の多くの方は、シャンプーやトイレに細心の注意を払っています。インターネットで検索した場合においても消臭に関する情報交換が盛んです。『うちの消臭対策は、ファブリーズと消臭プラグです。あとは、2... 続きを読む

受信: 2008/04/01 13:32:22