« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月24日 (金)

妻が帰ってきた!

こんにちは、須崎です。

先月末から、診療数が極端に増え、
当院の処理能力の限界を超えた状態が続いております。



診療が多いのに加えて、妻が帰ってくるのは
第2子の一ヶ月検診が終わってから…。


しかも、第1子誕生後に帰ってきたときに、
「部屋が汚い!」
と怒られた
のが心に残っておりまして、

今回は
やればデキルじゃん!
と言われるように、
メンテナンスをがんばらなければいけませんでした(個人の勝手)。

●早起きして庭の草むしり、ゴミ拾いをし、
●家中を掃除機で掃除
●洗濯は溜めない
●風呂、トイレ掃除に力を入れ
●台所の食器を奇麗に洗い
●まな板は真っ白にしておく
●冷蔵庫の中も洗浄→消毒
●観葉植物を枯らさない
等々…

感想は、

「主婦はスゴイ!」

です。


一人暮らしを10年やっておりましたし、
研究室時代はほぼ毎日試験管を200〜600本洗っておりました
ので、家事は嫌いではないのですが、
仕事をしながら毎日はなかなか大変でした。

このブログ読者の皆様!
本当に毎日ご苦労様ですm(. . )m


そんな生活に終止符を打つときがやってきました。
そう、水曜日に妻が息子二人とお義母さんと4人で
帰ってきてくれたのです!!

「おかえりぃ〜っ!!」

「いろいろ頑張ってくれた形跡がわかります。ありがとう♪」



そう、この一言のために、この二ヶ月がんばってきました。
単純にうれしいです。



これを逆に考えれば、
さて、私はこの10年間、妻に

「毎日、家事をしてくれてありがとう。」

なんて言ってきたでしょうか???

「記憶にございません。」です。


世の男性方、感謝しましょう!



全国の奥様方、毎日ありがとうございます!!



ということで、
二ヶ月間の家事生活にピリオド!

と言いたいところですが、
結構楽しくなってきたので、
これからも身の回りは続けていこうと思います。



Clearspace20x100



09:48 午後 日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

愛犬が突然飼い主にうなったり噛みつこうとする理由とは?←フォックス博士から学んだこと

【質問】今まで、普段は大人しく賢い犬だったのに、最近、突然うなったり、噛みつこうとする行動をとることがあります(でも、まだ噛まれたことはありません)。この子は性格が変わってしまったのでしょうか?


【須崎の解答】

この様な場合、大抵身体のどこかに酷い不調(外耳炎や内臓の不調など)があり、その部位を触れらるのがイヤだと感じていることが多いものです。

しかし、そのことに気がつかない飼い主さんは、「何でいうこと聞けないの!」などと、ついつい感情的になってしまい、人によっては体罰を与えたりすることがあるようです
 アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

しかし、その様な行為は大抵、この手の問題解決には役立たないことがほとんどです。

この様に、飼い主さんが確固たる根拠も無しに、感情的に判断してしまい、イヌの異常な行動の原因が身体的な不調が原因とは気付かず、精神的なものと思い込むことがあります(もちろん、全てではありませんが)。

物事には必ず因があります

目に見える現象をもたらす原因を急に取り除きたいものです。

ご自身で確信持てる判断ができない場合は、ロの意見を参考にしてください。



以上、お役に立てましたでしょうか?



-----
須崎は大学〜大学院時代に、獣医師であり、動物の心理学・行動学に精通した世界的権威であられるフォックス博士の著作から、本当に沢山のことを学ばせていただきました。当時のまとめノートが出てきましたので、その時の学びをシェアさせていただこうと思い、この記事を書いております。

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

Clearspace20x100



02:32 午前 Dr.フォックス_犬, , 行動学・心理学_犬 | | トラックバック (0)

猫のヒゲは何のためにある?←フォックス博士から学んだこと

【質問】猫のヒゲを切ると、バランスを崩してまっすぐ歩けないと聞いたことがあります。でも、この間街で見かけた猫は、片方のヒゲがありませんでしたが、まっすぐ歩いていました…。そこで、素朴な疑問が浮かんだのですが、猫のヒゲには、どんな意味があるのでしょうか?


【須崎の解答】
そもそも、猫のヒゲは、私たち人間のヒゲよりも、様々な意義・働きがあるといわれております。

実は、猫のヒゲは、単なる毛ではなく、「触毛」と呼ばれ、私たちの手の様な感覚器の一つです。

●感覚器だからとても敏感
●障害物との距離を把握する
獲物の動きをつかむ
●狭いところを歩くときにバランスを取る
などの役割があります。

それにくわえて、
●ヒゲに何かが触れると反射的にまぶたを閉じる
という特徴があるので、
ヤブなどを通過するときに目を守るという大切な役割もあります。

さらに、ひげは
空気の動きに対して非常に敏感
なため、ネコは風向きを知ることが出来ます。

なぜ、ねこにとって、風向きを知ることが大事かというと、獲物を捕らえるときは自分の位置を獲物の風下に(自分のニオイが獲物に察知されないように)取る必要があるので、ハンターには非常に重要な機能です。

また、
感情が反映される
部位でもあります。

例えば、
 ・緊張・興奮→ヒゲがピンと前を向く
 ・リラックス→下を向く

などです。


最後に、ねこにとってヒゲは、とても重要な感覚器で、しかも毛根部には神経があるため、切ると痛みを伴いますので、決して猫のヒゲを切ってはいけません!



以上、お役に立てましたでしょうか?

-----
須崎は大学〜大学院時代に、獣医師であり、動物の心理学・行動学に精通した世界的権威であられるフォックス博士の著作から、本当に沢山のことを学ばせていただきました。当時のまとめノートが出てきましたので、その時の学びをシェアさせていただこうと思い、この記事を書いております。

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

Clearspace20x100



01:39 午前 Dr.フォックス_猫, ペットアカデミー, ペット食育協会(APNA), , 行動学・心理学_猫, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)