« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月29日 (月)

父の急な肺炎と、担当医を信頼する気持ち

Clearspace_20x30

高校の教員だった父が
脳梗塞で半身不随になったのが、1998年4月

あの出来事から14年、
もともと身体が丈夫だった父は
途中いろいろございましたが、
現在もなんとか生きております。


そして、先日10月13日は祖母の13回忌だったため、
実家の山形に妻と子供二人の計4名で帰省しました。

この日程は、
母が「忙しい息子」を気遣って下さって、
予定を2年前から押さえてくれておりました。



ところが、この法事のスケジュールに重なる様に、
なんと父が風邪をこじらせて肺炎になり、
私たちが到着した頃には、
●顔も舌も紫色
●鼻にはチューブ
●呼びかけても反応無し
という状況になってしまっておりました。


あの状況を見た親族は、
「これはまずい…」
と、全員思ったはずです。



「明日は法事…
 しかし目の前の状況はかなり危険…」

その場に居合わせた全員が頭には同じことが浮かんでいるのに、
これを口にしていいものか状態になっておりました。


だれかが、何かを決断しなければいけない状況でしたが、
それは母か、長男の私しかいません。

しかし、一か八かの選択を母にさせるわけにはいきません。



そこで、私が、担当医にこうお願いすることにしました。

「現状が、予断を許さない状況であることは全員理解しております。
 私どもも、これまで先生を信頼してここまでやってきました。

 その上で、お願いがございます。
 可能な範囲で、法事が終わるまで、投薬でもたせていただけませんか?

 その過程は全て先生にお任せいたします。

 そして、我々はその先生のご尽力の結果に対して
 いかなる事になろうとも、一切異議を唱えません。

 必要なら一筆書かせていただきます。」




実は担当医は父の昔の教え子の方で
(といっても、私よりも大先輩ですが…)
これまでも様々な事情を鑑みて、
適切な対応をしてくださってましたし、
ひょっとしたら最後かもしれない状況をお任せするのには
最適の先生でした。




そして翌日は予定通りに法事を行い、
終わって病院に駆けつけますと、
肌が普通の色
呼吸も安定
意識もあって、目が合ったら一言



「腹減った…サンドイッチ食べたい…」



確かに、数日食べていないのですが、
私たちの心配をよそに、思いっきり復活しておりました!

きっと先生は「気合いの入った投薬」をしてくださったのだと思います。

本当に感謝しております。




あなたさまも、身内の緊急事態に、
いろいろと悩むことがあろうかと思います。

もちろん、
医師も全力は尽くしてくださいますが、
ヒトである以上
どんなに完璧を目指しても、
完璧ではありません。



本当のプロはわざと失敗しようと考えて失敗したりしません。

常に全力で取り組むのですが、

全力で取り組んでも、思わぬ事態になったときに
●失敗しない様に仕上げよう

●全力で乗り切ろう
は違うと個人的に思うのです。


このとき、患者の家族から
「万が一失敗しても文句は言いません」と
これまでの感謝と改めて全面的な信頼を表明すれば、
結果は違わなくても、違うと思うのです。
(わかる方にはおわかりいただけると思います)



もちろん私が余計なことを考えなくても、
担当医はキッチリやってくださったと思います。



でも、
「万が一の時には訴訟を起こしたりしません。
 そんな、明らかな手違いを意図して行う様な先生ではない
 ことは理解しております。」
という意思表明は、
お互いの信頼関係を確認する上で大切なのではないかと思っています。



お陰様で、父はそれなりに復活し、
今日も「お腹空いた…」と言っているそうです(笑)。



私の周りでも、9月あたりから
呼吸器系を患ったり、下痢嘔吐が続いている方が少なくありません。

あなた様も、どうぞご自愛ください。

ペットの手作り食は須崎動物病院

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

犬猫の栄養学



03:53 午後 病気? | | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

ペットと飼い主さんの咳・くしゃみ・鼻水にはご注意を!

Clearspace_20x30

ここ最近(2012年秋)、

犬猫→くしゃみ鼻水

飼い主さん→咳

このセットが多いです。



呼吸器感染の入り口と、

感染病原微生物のメインとサブを間違えないこと

メインとサブの入れわりに対処すること

などがポイントのようです。



飼い主さんもお大事に…。

ペットの手作り食は須崎動物病院

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

犬猫の栄養学



07:19 午後 病気?咳・くしゃみ・鼻水 | | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

自分が死んだ後のことを考える→心のモヤモヤが減る

Clearspace_20x30

先週末の10/13は2年前から母に予約されていた「法事」でした。
(予定が入るといけないからと(笑)


そうしましたら、それに合わせたように父が危篤となり(肺炎)、
なんとか無事に持ち直したのですが、あわや…という事態でした。




今回の件で、いつ何時どうなるかわからないということで、
山形の須崎家について、
●相続の件
●葬儀の件
●葬儀の時の写真の件
●亡くなったときの連絡先
などなど、夜遅くまで話し合いました。
(まだ父は生きていますよ!)


それに伴い、山形→八王子の車中、
「八王子の須崎家でもどうするか?」
をザックリと決めながら帰って参りました。




こう考えると、
本当に人間の人生など、
「よどみに浮かぶうたかた」だなと感じます。


「家を買いました!」
なんて言ったって、
広い地球の中の本のちっぽけな点にもならないような土地
なんですよね。

「何かを発見しました!」
なんて言ったって、
大海原に砂を投げてできた波紋のごとし…




でも、
そんな所詮ちっぽけなんだけれど、
やりたいことをやろう!
そう改めて感じた帰省でした。

そして、
自分もまだ早いとはいえ、
自分の死後の準備をする時期なんだなと
感じました。

手順が決まっていたら、
考えずに行動できます
しね。



さて、今日はちっぽけなんだけれども、
自分では作業に時間のかかることが満載です。

そう考えると、自分のちっぽけさに嫌気がさしてきますが、
まぁ、仕方ないことですので、淡々と取り組みたいと思います(笑)


皆さんも、一度、避けては通れない、
誰にも必ずやって来る課題に
いつかじっくりと向き合ってみて下さい。

意外と、気分がになり、
目の前のことに全力で取り組める気がします。



追伸:この週末、私がいろいろお世話になった大先輩が3名、
   肺炎で亡くなりました。
   みなさまも、ちょっとした咳を過信せずに、ご自愛下さい

追伸2:須崎は先月の健康診断で「問題なし」をいただいております(笑)

ペットの手作り食は須崎動物病院

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

犬猫の栄養学



06:57 午後 日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (0)