« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月23日 (金)

【緊急セミナー】レヨコンプの使い方をマスターしたい方へ

Clearspace_20x30

バイオレゾナンス機器を使いこなしたい!

PS-10を買ったけれど、使い方が今ひとつわからない…」
「こんな時どうしたらいいのかがわからない…」
「『こんな時』の『須崎動物病院の使い方』が知りたい…」

という方向けに、
・実際に自分の機会を持ってきて
・本当の使い方
・裏技的な使い方を習得して
・自宅で使いこなせる様になる
ためのセミナーを開催します。

もちろん、
「これからPS-10の購入を検討しているが、どんな風に使えるのか?」
「診療でバイオレゾナンスのトリートメントを受けているが、
 どんなものか、もっと詳しく知りたい」

といった方の受講も可能です。

当日は、須崎のセミナーですが、
技術的に正しい解説もしていただける様、
ベレンクラフト社の社長と、
ドイツ振動医学推進協会 日本支部長も
ゲストでお呼びしておりますので、
かなり貴重なセミナーになります。



130823_bl_bioresonance0


なぜバイオレゾナンスなのか?

須崎動物病院では、2006年から診療にバイオレゾナンス機器を導入しました。

理由は、
食事だけでは改善しない…
→サプリメントを追加しても改善しない…
→マッサージを取り入れても改善しない…
→その他自然療法を取り入れても改善しない…

と、打つ手がなくなり、行き詰まったとき、

●体内の原因が
●どこに
●何が
●どれくらい
蓄積していて、

●何を取り入れたら排除できるか?
●この食餌・サプリメントは現在の状態に合うのか?
などを探れる仕組みがあったらいいのに…
と思ったからです。

つまり、
●リアルタイムで
●身体を傷つけることなく
●体内状態を探る方法
が欲しかったのです。

その時に探したものの一つが、
バイオレゾナンス機器でした。

その後、色々回り道をしながら学習しましたので、
皆さんが「わかりにくい…」という点も
たぶん通過してきていると思います。

そんな努力が伝わったのか、
2009年には、ドイツの本社の方々に
視察にお越しいただけました。



130823_bl_bioresonance1

須崎動物病院のレヨコンプPS1000をチェックしていただきました。



130823_bl_bioresonance2

「この人は、こんな本を書いているのです。」と、ドイツ語でご説明いただきました。



飼い主さんでも所有者が多い

ご存じの通り、
これは、医療機器ではございませんので、
何が治るというものではございませんが、

当院の診療を受診した方は、
「これは、うちに欲しい!」
と思われる方も多く、
ご家庭で購入される方も少なくありません。

そんな中で、
「買ったものの、使い方が今ひとつわからない…」
「こんな時どうしたらいいのかがわからない…」
「『こんな時』の『須崎動物病院の使い方』が知りたい…」
という方が少なくありません。

そんなわけで、
レヨコンプの使い方セミナー〜須崎動物病院編〜
を開催いたします。
(ベレンクラフト社さんや、ドイツ振動医学推進協会とは、一切関係ございません)



こんな方のためのセミナーです

このセミナーの目的は、
せっかく機械を買ったのに、使いこなせていないという
もったいない方を一人でも減らすために開催いたします。

●BATプログラム機器をお使いの方
●RAHプログラム機器をお使いの方
●BATもRAHも入っていない機器をお使いの方
●今後、導入を検討している方
●普段診療を受けているけれど、改めてバイオレゾナンスの話を聞いてみたい方

それぞれの状態で、どう使ったら良いのかを
シェアさせていただきます。

せっかく買った機器だから、
有効活用していただきたいと思っております。

そんなわけで、

・各プログラムの本質と使い方
・こんな時、どう使うの?
・テストの仕方
・皮のディテクタの使い方
・金属ディテクタの使い方
・布のディテクタの使い方
・デュープレックスの使い方
・レヨネータの使い方
・レヨテストの使い方
・記録媒体の使い方
・タブの使い方
・その他、参加者が知りたいこと

を学んでいただきます。

お持ちの方は、ご自分の機械をお持ちになって、実際に操作しながら覚えて帰って下さい。



正しく学んでいただけるための特別ゲスト!

しかし、私も全て理解しているわけではありません。
逆に、知りたいこともございます。

そんなわけで、
●独りよがりにならない様に
●私の疑問も解消したい
ため、

野呂瀬 民知雄 氏(ベレンクラフト社 代表取締役)
熊田 洋子 氏(ドイツ振動医学推進協会 日本支部長)

の両氏をゲストでお呼びしております。



独学の遠回りをここでショートカット!

独りで学べば、かなりの時間を費やします。

結局わからなくて、使わなくなったルームランナーや、ぶら下がり健康器の様な状態になっているご家庭も少なくないと伺っております。

それはとってももったいないので、
遠回りになる時間を短縮して、
まずは、使いこなせる様になってみませんか?

このまたと無い学びの機会を
ぜひ、有効活用してください。



セミナー詳細

=====
セミナータイトル:レヨコンプの使い方〜須崎動物病院編〜

セミナーの目的:
せっかく機械を買ったのに、使いこなせていないという
もったいない方を一人でも減らす

対象:
●現在、バイオレゾナンス機器をお持ちの方
●これからバイオレゾナンス機器を導入しようと考えている方
●須崎動物病院を受診している方
●フィルウを受診している方

開催日時:
2013年9月1日(日)
10:30〜16:30

主催:須崎動物病院

場所:須崎動物病院診療室

講師:須崎恭彦

定員:20名

持ち物:筆記用具、PS-10(お持ちの方はできるだけ持ってきて下さい。操作しながら出ないとなかなか覚えられないです。

ゲスト:
野呂瀬 民知雄 氏(ベレンクラフト社 代表取締役)
熊田 洋子 氏(ドイツ振動医学推進協会 日本支部長)

講義内容【予定】
※参加者のご要望次第で進行は柔軟に対応させていただきます。
 基本的には、参加者が知りたいことをお話しさせていただきます。

10:30〜11:30 バイオレゾナンスを使う上で非常に重要な前提
11:45〜13:00 各プログラムの本質と使い方
13:00〜14:00 昼食
14:00〜15:00 テストの仕方とツールの使い方
15:15〜16:15 質疑応答1
16:30〜17:30 質疑応答2
17:45〜懇親会

当日可能なこと
●RAHのアップデート処理の受付(無料!)

費用:21,000円(税込)
   →初回特別価格15,750円(税込)
=====






【Q&A】

Q1.私は、聞くだけだと忘れそうですが、実際に機械を持っていってもよろしいでしょうか?
A1.はい、是非、お持ちになって下さい。実際に操作をすることで、身につくものでございます。


Q2.
近くに駐車場はありますか?
A2.コインパーキングがございますので、ご活用下さい。



Q3.
昼食は持っていった方が良いですか?
A3.
お持ちいただいても構いませんし、近くにもカレー屋さん、お寿司屋さん、おそば屋さん、パン屋さん、京王ストア、さぼてん(とんかつ屋)、バーミヤンなどがございますので、そちらでお召し上がりいただくことも出来ます。



Q4.
聞きたいことが、上の「セミナー内容」の中にないのですが…
A4.
当日は、参加者の様子を拝見しながら、臨機応変に対応させていただくつもりです。あとは、質疑応答でカバーしてください。



Q5.
当日、RAHのアップデート処理は受け付けていただけますか?
A5.
可能だそうです。しかも、無料です!また、新しい資料もいただけるそうで、「アップデートご希望の人数が予めわかるとありがたい(ページ数が多いので、その都度、人数分だけ作っています)」と言われております。



Q6.
当日、各種周辺部品の販売はありますか?
A6.
諸事情により、当日の販売・受け渡しは出来ませんが、展示品はご用意させていただきます。
ご注文は当日受け付けて、商品は後日お送りする、支払いも後日ということでしたら、対応可能とのことです。




おかげさまで、満員御礼となりました。
直前の告知にもかかわらず
お申し込みを賜り、ありがとうございました。




Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス法」を簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD035.html



10:24 午後 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス法, ペットアカデミー, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)