« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月21日 (金)

幸福の木の花が2014年も須崎動物病院で咲きそうです(ドラセナ・マッサンゲアナ)

clearspace_20x30

私の観察力が確かならば、昨年(2013年)、東京都八王子市めじろ台に診療所を開設してから6年目にして、はじめて幸福の木に花が咲きましたが、なんと、今年もが咲こうとしております!

蜜もしたたる良い感じです。



幸福の木の花が須崎動物病院で2014年も咲きそうです



昨年の記録によりますと、おそらく、12月中旬までは咲いているはずですので、今、須崎動物病院に来ると、あなたの幸福度がさらに上がるかもしれません♪

今、関わっている子達が、みんな治るといいな…。



2013年の記事「幸福の木の花が須崎動物病院で咲きました(ドラセナ・マッサンゲアナ)」はこちら







あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



06:08 午後 Happy, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

犬の肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)発症→失明→余命宣告→目が見える様になり、元気に復活、発作もナシ!の一例

clearspace_20x30

14118_bl_susaki_dog_gme



2013年12月初旬より震えが見られ、11日ごろ様態が急変。13日MRI・CT・血液検査の結果「肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)」と診断された犬がいました。


脳の炎症を抑えるためのステロイドの投薬が開始されましたが、「副作用で肝臓の機能が低下する等で、命の危険も伴うし、寿命を縮めることになる」と言われたものの、飲まさずにはいられない状態でどうしていいのかわからず、不安で仕方ない日々を過ごされました。



そして、2014年3月2日、突然目が見えなくなり、動物病院に行くと、「今後、目が見える様になることはないし、余命3ヶ月です」といわれたそうです。



それでも、諦めきれない飼い主さんは、当院の大阪移動式診療所にお越しになりました。

原因を探り、取り除き、再感染して、また取り除きを繰り返し…



あれから9ヶ月、今では目が見える様になり、薬を全くのまずに、食欲もあって、ピンピンしています。

 

余命宣告をしてくださった動物病院も、首をかしげている状況だとか…。


もちろん、その時はどうなるかわからないほどの状態だったと思うので、最悪の事態を想定しての「余命宣告」だったと思います。

しかし、炎症ですから、異物を探り、取り除くことが出来たら、白血球が闘う相手がいなくなるわけですから、炎症は落ち着くはずです。




通常の動物医療は、異物を減らすのではなく、ステロイドで白血球の活動を抑えます。

そのため、症状は落ち着くものの、異物は増え続けるために、薬を減らすに減らせず、体内に通常貯まらないほどの量の異物が貯まることになって、結果的にどうしようもなくなることが多い様です。そんな状態のペットが、須崎動物病院には沢山やってきます。


私は薬や手術が悪いとは申しておりません。

ただ、「万能のツールはこの世に存在しません」とお伝えしたいだけです。


症状緩和は非常に重要なことですし、状況によっては、それで命を救われることもあります。

しかし、同時に原因を取り除くことも同様か、状況によってはそれ以上に重要なのです。



「肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)」は一般的には「治らない病気」なのだそうです。

しかしそれは、原因を取り除くこと無く、症状の緩和に徹するからなのかもしれません。私がスゴイのでは無く、問題解決の基本として、「手法を固定するから手詰まりになる」の典型例なのかもしれません(認識が間違っているかもしれませんが)。



悩む人の特徴のひとつは「選択肢が少ないです。

しかし、問題に直面して焦った状況だと、新しい選択肢を探すのは難しく、なじみのある選択肢にすがるため、既定ラインに乗ることがほとんどです。

そして当院にお越しになる多くの方がおっしゃるように「須崎先生のメルマガで知ってはいたのに、なんで、何でもないうちに探しておかなかったんだろう…。」という後悔に繋がるのかもしれません。

でも、そんな後悔は何の役にも立ちませんし、自分を責めても何も解決しないし、今更どうしようもないので、もうそうなってしまったのならば、「その時はその時のベストを尽くした!」と思い込ませる方が精神衛生上良いと思います。




ここでこの犬の話に戻りますが、もし、この飼い主さんが3月の時点で諦めていたら、この犬はもうこの世にいなかったかもしれません。でも、諦めないでいてくださったからこそ、この話ができるのです。



飼い主さんはおっしゃいました。

「ぜひ、この子のケースを皆さんにご紹介ください。私たち同様に、落胆している飼い主さんに、ちょっとでも希望の光になれたらうれしいです。」

と…。



これからも、再感染に気をつけつつ、再発したら、また原因除去に取り組んでいただきたいと思います。

そして、余命宣告や、悪しき未来予告(目が見えなくなる)などは、やはり大きなお世話なんだと再確認しました。(例え結果的にそうなったとしてもです)


この度は、貴重な改善例をご紹介くださり、ありがとうございました。







Seminar_cancer_50x50_3 原因不明の謎のガン・腫瘍の原因を探るセミナー2015

詳細はこちら!
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/2014-c777.html





Seminar_skin_50x50 原因不明の謎の皮膚病の原因を探るセミナー2015

詳細はこちら!
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/2014-36ae.html





Petacademy_logo_50x57 「原因不明の病気の原因を探り、それを取り除く」原因療法セミナーDVDが発売されました

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編





Petacademy_logo_50x57 原因のない症状はありません!だから根本原因を突き止めて取り除けば、良い結果に繋がるはずです!
須崎動物病院の「原因療法」は「バイオレゾナンス法」で分かります。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






須崎動物病院とペット食育協会(APNA)台湾講演 台湾講演会大成功!ペットの食事の悩みは万国共通?

詳細はこちら!
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/apna-d6ab.html





Sunrise_50x50 もしあなたが、ペットの栄養学や食事に不安を感じているならば、それはどこかでボタンの掛け違いがあっただけかもしれません。

独学で学ぶより、短時間でその不安を消したい方は、こちらがお役に立つでしょう。
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-d3a9.html





Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



08:17 午前 原因療法, 病気?神経系の不快感, 須崎動物病院_移動式診療所 | | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015(がん・腫瘍編)

clearspace_20x30

141111_bl_susaki_cancerdog



もしあなたと一緒に暮らしている愛犬・愛猫が

がん・腫瘍と診断された

●突然、余命宣告された

三大療法以外の選択肢を探している

●この皮膚病は一生治らないと言われた

●いろいろやっているのに治らない

●突然宣告されたので、何をしたらいいのかわからない

良いと言われたものがこの子に合うか、必要か、どうやったら見極められるのかわからない

本当にもう治らないのか…?

●そもそもこれは本当に「がん・腫瘍」なのか?

などの、

「がん・腫瘍」と診断され、どう対処したらいいのかわからない…

というお悩みがあるなら、今回の「愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015(がん・腫瘍編)」は、きっと有益だと思います。



これまで、東京、大阪で、「原因不明の謎の病気を探るセミナー」を開催いたしました。

いずれも大好評で、全席満員御礼となりました。


参加できなかった方から「また開催してください」というお問い合わせを沢山いただきましたが、同様に、「今度は●●病に特化したセミナーをお願いします」という声も多くいただきました。



そこで、最も多かった

●皮膚病

●がん・腫瘍

に特化した「原因を探るセミナー」を八王子・大阪・福岡・札幌で開催することになりました。
(それぞれお申し込みは別となります)




当院では、1999年から食事療法を中心とした病気治療をしてまいりましたが、「万能のツールはない」という言葉の通り、食事の見直しだけでは改善しきらないケースも当然ございます。

そこで、問題解決の原則に立ち返り、「結果(症状)をもたらす原因を取り除けば、結果は変わる」を考えの中心に置き、「症状を出す原因を探って、それを取り除く動物医療」を展開して参りました。

書籍も2冊、上梓させていただきました。


余命宣告された犬のがんに食べさせたい手作り食_須崎動物病院編



余命宣告された犬のがんに食べさせたい手作りご飯_須崎動物病院編



当たり前の話ですが、

●症状は白血球が身体を正常化するときに出てくる、不快だが必要な反応

ですから、基本的に症状を消すことが第一優先ではなく、原因を取り除くことが最優先課題です(生死に関わる症状は対処した方がいい場合もあります)。



がん・腫瘍では、「免疫力が低下した状態」と解釈されがちですが、よくよく調べてみると、「異物(カビや菌)」が多すぎて、常時激しく闘和ざるを得なくなり、その結果「がん・腫瘍」と診断されるような形態変化が起こっている状態…ということもあります。

当院では、その原因が何で、どこにあって、何を使ったら排除できるか?を探ってきたわけですが、そうすると、

●あったはずのシコリがしぼんで無くなった

などの成果が出てきます。
(内緒で受診される方が多く、あまり多くを語れないのが心苦しいのですが…)




症状(結果)があるということは、必ず原因があります。


そして、あなたの友達に

●お花をプレゼントされて喜ぶ人、

●お酒をプレゼントされて喜ぶ人、

●服をプレゼントされて喜ぶ人がいる、

つまり、人それぞれ喜ぶポイントが異なるように、


同じ症状でも

●原因が違ったり、

●原因の場所が違ったり、

●簡単に取り除ける場合、簡単に取り除けない場合

●生活環境が大きく関係する場合、関係しない場合と、

事情は様々です。



ですから、

「がん・腫瘍の原因の原因はこれです!」

とか、


「がん・腫瘍の原因の治し方はこれです!」

というステレオタイプの考え方をしていたら、症状を消して一時的にホッとすることは出来るかもしれませんが、原因を取り除いて、自然と症状が落ち着く…といった、個々のケースに合ったベストな対処は難しいと考えております。


そんな根本原因を探り、それを排除する診療を毎日やっているのが須崎動物病院です。




今回は、飼い主さん向けに

●なんでがん・腫瘍の原因は治りにくいのか?

●がん・腫瘍はなぜ大きくなるのか?

●がん・腫瘍の原因を探ってみてわかること

●そもそも、身体の中で本当は何が起こっているの?

●がん・腫瘍が治らないとき、どんなことに気をつけたらいいのか?

●本当にがん・腫瘍なのか?

●必要な薬、不必要な薬

●合うサプリメント、必要ないサプリメント

●再発を繰り返す理由とは?

●免疫力を高める方法?

などについて、当院で経験したことをお話しさせていただきます。


前回開催した「原因不明の病気の原因を探るセミナー」のがん・腫瘍に特化した内容ですので、「今ひとつ突破口が見つけられない…」という飼い主さんには、有益な内容と思います。



また、当院は粘り強い飼い主さんのおかげで、日々新しい発見や気付き、進化・進歩がございますので、八王子と大阪と福岡と札幌では内容が変わるかもしれませんが、それはあらかじめご了承ください。




日時と会場は以下の通りです。

日時:2015/1/17(土)14:00〜17:00
場所:須崎動物病院 めじろ台セミナールーム
---
日時:2015/3/1(日)13:30〜16:30
場所:新大阪駅付近セミナールーム
---
日時:2015/4/25(土)13:30〜16:30
場所:福岡駅付近セミナールーム
---
日時:2015/5/24(日)13:30〜16:30
場所:札幌駅付近セミナールーム
---



3時間のセミナーですが、久々の座学の方でも

「眠らなかった自分に驚きました」

「あっという間に終わってしまった」

「こんなに笑ったのは久しぶりでした」

「もっと聴きたい!」

とご好評いただいておりますので、

「ちゃんと聞けるだろうか…?」の類の不安は不要です。



ちなみに、午前には、アトピー・皮膚病の原因を探るセミナーもございます。




通常、須崎の場合、3時間の医療セミナーは、3万円を申し受けておりますが、2014年9月は須崎動物病院15周年記念月でもございますので、費用は特別価格の、21,600円(税込)で受講いただけます。

そして、何事も行動の速い方は得をするのが常でございます。各会場2週間前までは早割期間として、何と10,800円(税込)で受講していただけます。

やみくもにネットで検索して落ち込んだりするよりも、適切かつ現実的で、一生使える知識・考え方を学べるこの講座を、

●現在、病気のペットの飼い主さんは、新たな方向性を探るために

●現在、元気なペットの飼い主さんは、「転ばぬ先の杖」を手に入れるために

ぜひ、この機会をご活用下さい。




また、ガン・腫瘍のセミナーだけでなく、皮膚病の原因を探るセミナーも両方聞いてみたいという意欲的な方のために、新春通し割引で、両方受講すると17,280円(税込)で受講できるお得なコースもございます。




この機会をぜひご活用の上、いざという時に適切な解釈・判断・行動が出来るように準備しておいてください。



皮膚病の原因を探るセミナーの詳細はこちら
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/2014-36ae.html




原因療法セミナーDVDの販売を開始いたしました!

原因療法シリーズ
原因療法 がん・腫瘍 原因療法 皮膚病
【ガン・腫瘍】
悪性リンパ腫、乳腺腫瘍、肥満細胞腫、血管肉腫(脾臓)・・・がんとは?腫瘍とは?どうしてなってしまうのか、治りにくい理由や対策方法を伝授!
【皮膚病】
病名は「皮膚病」でも原因は皮膚以外!?なぜ再発するのか、その予防法は。脂漏症・アレルゲン・ステロイド・シャンプーにも言及し皮膚病を徹底解剖!






愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活(講談社)須崎動物病院 須崎の本 愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活(講談社)

詳細はこちら!
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/book10.html





今あるがんに勝つ手づくり犬ごはん(講談社)須崎動物病院 須崎の本 今あるがんに勝つ手づくり犬ごはん(講談社)

詳細はこちら!
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/book19.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



11:58 午前 セミナーのお知らせ, 病気?ガン, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015(皮膚病編)

clearspace_20x30

ペットの病気の原因を探るセミナー2014(皮膚病・アトピー性皮膚炎編)須崎動物病院



もしあなたと一緒に暮らしている愛犬・愛猫が

皮膚病を繰り返す

●難治性の脂漏症だといわれた

●ずっとかゆがるのも気になるが、正直な話ソファーやベッドがベトベトになるのも気になる…

●この皮膚病は一生治らないと言われた

●いろいろやっているのに治らない

合うシャンプーを探している

アレルゲン検査の結果から食べられるものが限られていて、食べられるものを探すのが大変

ステロイド薬を使いたくないけれど、治るからついつい使ってしまう…

●アレルゲン検査陽性のものを食べさせていないのに皮膚に症状が出ている

などの、

いろいろ頑張っているんだけれどペットの皮膚病が改善しきらない

というお悩みがあるなら、今回の「愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015(皮膚病編)」は、きっと有益だと思います。



これまで、東京、大阪で、「原因不明の謎の病気を探るセミナー」を開催いたしました。

いずれも大好評で、全席満員御礼となりました。


参加できなかった方から「また開催してください」というお問い合わせを沢山いただきましたが、同様に、「今度は●●病に特化したセミナーをお願いします」という声も多くいただきました。



そこで、最も多かった

●皮膚病

●がん・腫瘍

に特化した「原因を探るセミナー」を八王子・大阪・福岡・札幌で開催することになりました。
(それぞれお申し込みは別となります)




当院では、1999年から食事療法を中心とした病気治療をしてまいりましたが、「万能のツールはない」という言葉の通り、食事の見直しだけでは改善しきらないケースも当然ございます。

そこで、問題解決の原則に立ち返り、「結果(症状)をもたらす原因を取り除けば、結果は変わる」を考えの中心に置き、「症状を出す原因を探って、それを取り除く動物医療」を展開して参りました。



当たり前の話ですが、

●症状は白血球が身体を正常化するときに出てくる、不快だが必要な反応

ですから、基本的に症状を消すことが第一優先ではなく、原因を取り除くことが最優先課題です(生死に関わる症状は対処した方がいい場合もあります)。



皮膚病では、「身体の反応が激しすぎる」と解釈されがちですが、よくよく調べてみると、「異物(カビや菌)」が多すぎて、常時激しく闘っていないといけない状態…ということもあります。



当院では、その原因が何で、どこにあって、何を使ったら排除できるか?を探ってきたわけですが、そうすると、

この写真は、「アレルギー性皮膚炎」と診断されたノーフォークテリアという犬の、2012年2月の写真です。全身が痒くて、気になってなめる状態で、お腹の毛が、舐めて擦れてしまっていました。
(※脱毛と擦れて無くなった状態は区別しなければなりません)

皮膚から液も出てきて、飼い主さんも困り果てていた状態でした。


犬のアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎の原因を探って取り除く



そして、この写真が、10ヶ月後の、2012年12月の写真です。


犬のアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎の原因を探って取り除く


ちゃんと毛が生えてきて、こんな風に、普通の犬に戻ることが出来たのです。




症状(結果)があるということは、必ず原因があります。


そして、あなたの友達に

●お花をプレゼントされて喜ぶ人、

●お酒をプレゼントされて喜ぶ人、

●服をプレゼントされて喜ぶ人がいる、

つまり、人それぞれ喜ぶポイントが異なるように、


同じ症状でも

●原因が違ったり、

●原因の場所が違ったり、

●簡単に取り除ける場合、簡単に取り除けない場合

●生活環境が大きく関係する場合、関係しない場合と、

事情は様々です。



ですから、

「皮膚病の原因はこれです!」

とか、


「皮膚病の治し方はこれです!」

というステレオタイプの考え方をしていたら、症状を消して一時的にホッとすることは出来るかもしれませんが、原因を取り除いて、自然と症状が落ち着く…といった、個々のケースに合ったベストな対処は難しいと考えております。


そんな根本原因を探り、それを排除する診療を毎日やっているのが須崎動物病院です。




今回は、飼い主さん向けに

●なんで皮膚病は治りにくいのか?

●皮膚病の原因を探ってみてわかること

●皮膚病が治らないとき、どんなことに気をつけたらいいのか?

●本当にアレルギーなのか?

●「アレルゲン検査陽性食材」について

●必要な薬、不必要な薬

●合うサプリメント、必要ないサプリメント

●再発を繰り返す理由とは?

●免疫力を高める方法?

などについて、当院で経験したことをお話しさせていただきます。


前回開催した「原因不明の病気の原因を探るセミナー」の皮膚病に特化した内容ですので、「今ひとつ突破口が見つけられない…」という飼い主さんには、有益な内容と思います。



また、当院は粘り強い飼い主さんのおかげで、日々新しい発見や気付き、進化・進歩がございますので、八王子と大阪と福岡と札幌では内容が変わるかもしれませんが、それはあらかじめご了承ください。




日時と会場は以下の通りです。

日時:2015/1/17(土)10:00〜13:00
場所:須崎動物病院 めじろ台セミナールーム
---
日時:2015/3/01(日)9:30〜12:30
場所:新大阪駅付近セミナールーム
---
日時:2015/4/25(土)9:30〜12:30
場所:博多駅付近セミナールーム
---
日時:2015/5/24(日)9:30〜12:30
場所:札幌駅付近セミナールーム
---




3時間のセミナーですが、久々の座学の方でも

「眠らなかった自分に驚きました」

「あっという間に終わってしまった」

「こんなに笑ったのは久しぶりでした」

「もっと聴きたい!」

とご好評いただいておりますので、

「ちゃんと聞けるだろうか…?」の類の不安は不要です。



ちなみに、午後には、がん・腫瘍の原因を探るセミナーもございます。




通常、須崎の場合、3時間の医療セミナーは、3万円を申し受けておりますが、2014年9月は須崎動物病院15周年記念月でもございますので、費用は特別価格の、21,600円(税込)で受講いただけます。

そして、何事も行動の速い方は得をするのが常でございます。各会場開催2週間前までは早割期間として、何と10,800円(税込)で受講していただけます。

やみくもにネットで検索して落ち込んだりするよりも、適切かつ現実的で、一生使える知識・考え方を学べるこの講座を、

●現在、病気のペットの飼い主さんは、新たな方向性を探るために

●現在、元気なペットの飼い主さんは、「転ばぬ先の杖」を手に入れるために

ぜひ、この機会をご活用下さい。




また、皮膚病のセミナーだけでなく、ガン・腫瘍の原因を探るセミナーも両方聞いてみたいという意欲的な方のために、新春通し割引で、両方受講すると17,280円(税込)で受講できるお得なコースもございます。




この機会をぜひご活用の上、いざという時に適切な解釈・判断・行動が出来るように準備しておいてください。



がん・腫瘍の原因を探るセミナーの詳細はこちら
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/2014-c777.html



原因療法セミナーDVDの販売を開始いたしました!

原因療法シリーズ
原因療法 がん・腫瘍 原因療法 皮膚病
【ガン・腫瘍】
悪性リンパ腫、乳腺腫瘍、肥満細胞腫、血管肉腫(脾臓)・・・がんとは?腫瘍とは?どうしてなってしまうのか、治りにくい理由や対策方法を伝授!
【皮膚病】
病名は「皮膚病」でも原因は皮膚以外!?なぜ再発するのか、その予防法は。脂漏症・アレルゲン・ステロイド・シャンプーにも言及し皮膚病を徹底解剖!









あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



11:54 午前 セミナーのお知らせ, 病気?アレルギー, 病気?皮膚病・アトピー | | トラックバック (0)

あったはずの犬の前立腺がんが、エコー検査で見当たらない…

clearspace_20x30

犬の前立腺がんが完治?須崎動物病院編



前立腺がんは予後が悪く、あまり希望のもちにくい病気とされています。

この子も、2014年の2月に発見当初は、腹膜やリンパ管にも転移していて打つ手が無いから、安楽死まですすめられました。

下半身も脱毛していて、やはり見込みは無いのかも…と、飼い主さんは気持ちがどん底に落ちていたそうです。



しかし、須崎動物病院の電話相談を受けた飼い主さん曰く、


「電話相談を受けて、どん底に落ちていた飼い主が、絶対にあきらめない飼い主へと変化していきました。

2回の大阪移動式診療でも、いつも明るくお話をしてくださる先生は、あきらめないと決めても、時には揺れてしまう心も元気にしてくださいます。

これからも『妖怪治療』を期待しております(笑)」


という雰囲気で迎えた3回目の診療でしたが…



「かかりつけの先生から、あったはずの前立腺がんがエコー検査で見当たらない…と言われたのです!そして、下半身が脱毛していたのですが、毛も生えてきたのです!もう、うれしくって…♪」



テレビでは「この世で起きる不可解な出来事は全て妖怪の仕業」と言われております様に、物事には必ず原因がございます。

その原因が無くなれば、結果は変わる可能性があるのです。

逆に、結果が変わらないということは、原因が残っているということです。



治らないと決めてかかって早々に諦めるのも選択肢の一つですが、ありがたいことに須崎動物病院では、諦めの悪い飼い主さんにお付き合いさせていただいております。

「落ち込む暇があったら、何か取り組んでみたらいい」

「悩むより、行動した方がいい」



「原因を抜くだけの体力」が残っているうちに、根本原因のある場所を探り、その根源を除去していきたいものですね。

諦めの悪い飼い主さん達のおかげで、「無理!」の向こう側を経験させていただいていることに、感謝いたします。

これからも、須崎動物病院では、「諦めない飼い主さん」のお手伝いをさせていただきます。




2015年に開催されるがん・腫瘍の原因を探るセミナーのお知らせはこちら







須崎動物病院とペット食育協会(APNA)台湾講演 台湾講演会大成功!ペットの食事の悩みは万国共通?

詳細はこちら!
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/apna-d6ab.html





Sunrise_50x50 もしあなたが、ペットの栄養学や食事に不安を感じているならば、それはどこかでボタンの掛け違いがあっただけかもしれません。

独学で学ぶより、短時間でその不安を消したい方は、こちらがお役に立つでしょう。
↓↓↓
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-d3a9.html





 

Petacademy_logo_50x57 須崎院長から正しい知識を学ぶ通信講座

ペットアカデミー





Petacademy_logo_50x57 ペットアカデミーで学ぶ「原因を探り、それを取り除く」原因療法

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編





Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



04:00 午前 病気?前立腺肥大・腫瘍・がん | | トラックバック (0)

前立腺がんで手の施しようが無い!といわれても、あきらめない飼い主に飼われてしまった犬の2ヶ月後…

clearspace_20x30

140806_bl_susaki_zenritsusen



●白血球数高値
●前立腺がん
●原因不明の嘔吐と震え
●眼の周りにシコリ
●眼の中に色素沈着

で、「手の施しようがありません…」といわれ、あちこちの病院を巡り歩いてきた、6歳のビーグルがいました。



6月に初めて須崎動物病院の大阪移動式診療所にいらっしゃったのですが、意気消沈している飼い主さんに、全身チェック後に私の口から出てきた言葉が

「お通夜モードになるには早すぎます(笑)この子の体内状況は、シンプルですよ!」



しかし、その言葉を聞いた飼い主さんは、

「『暗くなるようなこと』はいわない獣医師だという評判かもしれないけど、いくら何でもそれはいいすぎでしょう?」

と思われたそうです。




症状が強く出ると、「重症だ!」と勘違いする飼い主さんが多いのですが、物量が多くて、免疫力が正常であれば、全力で闘うわけですから、症状が強く出るのは当たり前のことで、何も不思議なことではございません。

療後に症状が強く出るのは、うモードになっているわけですから喜ばしいことなのに、周りの人は「悪化」などと不適切な意味づけをするものですから、飼い主さんは迷うわけです。



そして2ヶ月間、自宅で対処していただいた結果…




眼の周りのシコリがしぼんだ
眼の中の色素沈着が消えた
嘔吐と震えがなくなった!

かかりつけの先生がとても不思議がっていらっしゃるそうです。



あれから、血液検査などをしていないそうですが、もう少し原因が抜けたら、行ってみると、変化があっていいかもしれませんね。



薬や処置で症状が消えたら「治った!」と意味づけしている方が多いのですが、原因をそのままにして症状だけ消していると、気がついたら自力では元に戻せないような状況になっているかもしれません。



そんなことにならないためには、飼い主さんが学ぶ必要があるのですが、難しいことを知る必要は無く、「今、何をやっているのか?」がわかれば良いのです。それも、

●症状を消すだけで、原因除去はノータッチ

●原因除去をして、症状が消えるのを待つ

の、どちらなのかがわかればいいのです。



ときどき、

「漢方で原因除去しています♪」

と自信満々でおっしゃる方のケースを調べてみたら、「単に症状を抑えているだけ…」というケースが多々ございます。

とやかく申し上げるつもりはございませんが、ご自身が何をしているのかはキチンと理解しておいてくださいね。

原因除去しているかと思ったら、対症療法だった…って、結構ショックが大きいみたいなので…。



それはそれとして、こんな成果が出せるのも、普段、八王子で超難解な課題と一緒にお越しくださる飼い主さんのおかげです。

いつも、ありがとうございます!




さて、この子の数ヶ月後の話はこちら!







Petacademy_logo_50x57 須崎院長から正しい知識を学ぶ通信講座

ペットアカデミー





Petacademy_logo_50x57 ペットアカデミーで学ぶ「原因を探り、それを取り除く」原因療法

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編






Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



02:43 午前 原因療法, 病気?前立腺肥大・腫瘍・がん, 須崎動物病院_移動式診療所 | | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

須崎の台湾講演(APNA、飛比楽共催)、大成功!

clearspace_20x30

■ 台湾で講演をやってきました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014.11.1、台湾の「台湾大学病院会議室」で、講演会をしてまいりました。

時間は10:00−16:00、タイトルは、「ペットの食事 ウソ?ホント?〜ペットフードから手作りご飯まで〜」でした。


141101taiwan000




■ 台湾の飛比楽(フェイ・ピー・ロー)と共催!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本のペット食育協会(APNA)と、台湾のペットグッズ販売会社、飛比楽(フェイ・ピー・ロー)さんとの共催で開催いたしました。


141101taiwan001



ちなみに、こちらの飛比楽(フェイ・ピー・ロー)さんは、今年で創業10周年の優良企業さんです。


141101taiwan002




■ 台湾での講演は難しい?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕は人生で初台湾なので、あまり事情がわからず始めましたが、これを企画した際、台湾に詳しい複数の方に

「台湾人はセミナー来ないですよ」

「台湾で長時間の座学は難しいですよ」

「台湾人は食事を作る習慣がないから、手作り食の勉強なんて難しいですよ」

と、やる気を無くさせるようなことを言われました。(笑)


しかし、普段の診療で

「諦めるのはいつだって諦められる。悪あがきと言われても、例え悪あがきでも、どうやったらそれが可能になるのか考え、行動しよう。そして、望む結果が得られるように行動し、しかし、最終的な結果はどんな結果も受け入れます。やる前からダメだと諦めて取り組むバカがどこにいる!」

というスタンスでいるので、いつも通り、可能にするにはどうしたらいいのかを考えて行動しました。


著作も5冊翻訳されているので、「全く知られていない人間がやるわけではないのだから、来て欲しいなぁ〜」という甘い気持ちもありました(笑)。


141101taiwan003




■ 募集期間はたった3週間→166名の申込
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私がモタモタしていたせいで準備が遅れ、しかし飛比楽(フェイ・ピー・ロー)さんは仕事が速く、たった数日で申込受付のセットアップが完了しました。

そして、11/1開催の一ヶ月前の10/2から募集を開始し、募集期間はたった三週間でしたが、合計166名のご応募をいただきました。

141101taiwan004


台湾では、

●ペット関連セミナーで100名を超えるセミナーはほとんどない

●2,500元なんて高額なセミナーに、166名の応募は聞いたことが無い

とのことでした。


しかし、受講生が喜んでくださるコンテンツをお伝えするならば、世界中どこでも来ていただけると信じていたので、うれしかったです。

この他にも、直前のお申し込みで1名増えて、167名のお申し込みをいただきました。



しかし、これで安心してはいけないのだそうです。なぜなら…




■ 台湾人は申し込んでも来ない?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

沢山のお申し込みで有頂天になっていた私が、台湾に詳しい日本人にこんなことを言われました…。

●台湾人は申し込んでも当日来ないのは珍しくない

●台湾人は来ても遅刻してくるのが普通



えっ!日本とは全く違う風習だなと感じました。

「お金を払ったのに来ないなんて…、まさか…、大丈夫かな…」

と心配していましたが、フタを開けてみれば、


●いらっしゃらなかったのはたった5名

●遅刻されたのも数名


ということで、

・日本から同行したペット食育協会の指導士7名

・現地スタッフ7名

・取材の方2名

・僕を合わせて179名で開催できました。



飛比楽(フェイ・ピー・ロー)のスタッフや、他の台湾の方からも、「これは台湾では凄いことなんです!ビックリしています!」と教えていただきました。


凄いことなんだそうです。


ということで、当日の話をしましょう。




■ 講演会当日!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテルからタクシーで会場に向かいました。

入り口にはこんな素敵な門柱(?)があり、


141101taiwan005



中に入ると、電子掲示板に僕の名前が!(あとは何を書かれているのかわかりません)


141101taiwan006




■ 受付の様子 本も40冊が完売!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受付にはこんな看板が出来ていて、


141101taiwan007



飛比楽(フェイ・ピー・ロー)のスタッフが受付業務をがんばってくださいました。


141101taiwan008



本の販売もございましたが、40冊が完売となりました。

141101taiwan009




■ 台湾の飼い主さんの興味の中心と資料
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事前に伺っていたのは、日本と台湾ではペットの食事事情はほぼ同じで、困っていることもほぼ同じということで、日本で行ってきた食事セミナーのダイジェスト版のスライドを北京語に翻訳していただき、テキストにもしていただきました。


141101taiwan010


141101taiwan050




■ 須崎の冗談は台湾の方に通じるのか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、日本の受講生の方々から台湾に行く前に、「先生のジョークは台湾の方に上手く伝わるのでしょうか?」と心配されておりました。

しかし、通訳の李恩佐さんが素晴らしく、僕の冗談を的確に通訳してくださったので、台湾でも笑いが取れました。

話の内容も、バッチリ伝わったようで、ご納得いただけたようです。


141101taiwan012



141101taiwan013



休憩中も熱心な台湾の方々


141101taiwan014_2




■ 前半→須崎、後半→指導士自己紹介とFAQ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前半は、私が話し、後半は、日本から同行したペット食育協会の指導士達と一緒に登壇し、よくあるご質問にも一緒に答えていただきました。

141101taiwan015



最初は、指導士の方々は自己紹介だけと思っておりましたが、「せっかくだから質問に答えていただきましょうか」と、講演開始直前に伝えましたら、皆さん凍り付いていました(笑)。

昼食時も味がわからない方もいらしたとか…。



ペット食育協会(APNA)は、なんとなく知っている受け売り情報をお伝えする講師を養成しているのではなく、自分の頭で考えられる「実力」を備えた講師を養成しております。

ですから、難しいですし、厳しいです。

でも、そこを乗りこえてきているから、こんな突然のチャレンジも、難なくこなせるハズなんですね。

もちろん、みなさん、しっかりと対応してくださいました。


実力があれば、いざという時に適切な行動が出来、信頼されます。これからも、ペット食育協会(APNA)は、いざという時に頼りになる講師を養成していきたいと改めて思いました。



141101taiwan048



級指導士の 沼朋子先生(北京語で自己紹介中!一生懸命さが伝わってきます)

141101taiwan016



級指導士の 住裕子先生(ご親戚が台湾にいらっしゃり、今回いろいろご協力いただきました。)

141101taiwan017



級指導士の 重佐栄子先生(実体験に基づくお話を、台湾の方にわかりやすくご説明いただきました)

141101taiwan018



級指導士の 本正治先生(優しい語り口調で、台湾の方に手作り食もフードもどちらも選べることを解説して下さいました。)

141101taiwan019



級指導士の 瓶つむぎ獣医師(獣医師として、須崎とはまた違う視点から、食事のことを解説して下さいました)

141101taiwan020



導士の 國涼子先生(初心者がつまづきそうなポイントを、易しく解説して下さいました。)

141101taiwan021



級指導士の 谷てるみ先生(癒やし系のトーンで、誰でも理解できるように、わかりやすい解説をしてくださいました。)

141101taiwan022



141101taiwan023



141101taiwan024



141101taiwan025




■ 須崎の本領発揮、質疑応答
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FAQが終わったら、受講された方からその場でご質問いただき、須崎が即答する、Q&Aコーナーです。須崎が大得意とするコーナーです。

しかし、台湾では、通訳が入るので、日本と同じ様に御納得いただけるのかどうか心配しておりましたが、これまた李さんの素晴らしい通訳のおかげで、みなさん御納得いただけたと思います。


141101taiwan026



141101taiwan027



141101taiwan028



141101taiwan029



141101taiwan030




■ 質疑応答終了後は本のプレゼント抽選会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質疑応答の後は、3名の方に本が当たる抽選会を行いました。

私がクジを引き、三名の方に翻訳本をプレゼントさせていただきました。

141101taiwan031



141101taiwan032



141101taiwan033



141101taiwan034




■ サイン会と撮影会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

講演終了後はサイン会と撮影会となり、長蛇の列が出来ました。ビックリしました。


141101taiwan035



141101taiwan036



141101taiwan037



141101taiwan038



141101taiwan039




■ 台湾のメディアの方から取材を受けました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サイン会と撮影会が終わると、台湾のメディアの方から取材を受けました。

聞かれることは、日本とほぼ同じで、どこも同じ様なことに不安や疑問を感じていらっしゃるんだなと感じました。

141101taiwan040




■ 終わってみて
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いただいた感想としては、

●面白かった

●わかりやすかった

●スッキリした

●手作り食が難しくないとわかった

●また来て欲しい

と、直接言われました。



個人的には、とても楽しかったです。

台湾のfacebook page の登録者も増えましたし、私の個人ページへの友達申請も沢山いただきました。

APNA Taiwan facebook page




■ 飛比楽(フェイ・ピー・ロー)に感謝!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の台湾講演が大成功に終わったのは、ひとえに、パートナーとしてご協力下さいました、今年で創業10周年、飛比楽(フェイ・ピー・ロー)さんの努力の賜です。本当にありがとうございました。

141101taiwan041


特に、社長の Catherine こと葉耘心さんと、

141101taiwan043

Anita こと陳盈如さん(Qちゃん)には、

141101taiwan044

講演会のセットアップと、当日の業務、そして、私が台湾滞在中に、ガイド役をしてくださり、いろんなところに連れて行ってくださいました。本当に感謝しております。

141101taiwan042_2



彼女たちとの出逢いがなかったら、今回の講演会は開催できておりませんでした。
また、講演会当日の11/1はCatherineの誕生日ということで、記念すべき日にご一緒させていただき、感謝いたします。(Catherineは、ロウソクもないのに、ある体で吹き消してくれる、優しい方です)

141101taiwan045



そして、飛比楽(フェイ・ピー・ロー)のスタッフである李昕珮さん、許祐瑄さん、周明佳さんは、当日の受付などの業務だけでなく、ネームやクジ、チラシ、テキスト等の準備をしてくださり、本当に感謝しております。



また、当日の会場係を手伝ってくださった、陳國晏さんと、伊藤由夏さんのおかげで、スムーズな進行が出来ました。本当にありがとうございました。



【サイト】

http://www.forpet.com.tw


【facebook page】

https://www.facebook.com/2004forpet




■ 翻訳・通訳担当の李懿文さんに感謝!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、李懿文さんの卓越した翻訳・通訳スキルのおかげで、台湾の方に十分内容が伝えられたと思います。時には、簡単に答えたことに補足説明を付けてくださったおかげで、台湾の方々の満足度はさらに上がったと思います。本当にありがとうございました。

141101taiwan046




■ カメラ撮影担当の李玉清さんに感謝!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして、当日の、カメラ撮影をしてくださった、李玉清さんのおかげで、自分では見ることの出来ない角度やタイミングから、講演会を振り替えることが出来ました。おかげで、このブログを作ることが出来ました。本当にありがとうございました。

【サイト】

http://www.photo516888.com.tw


【facebook page】

https://www.facebook.com/photo516888




■ ビデオカメラ担当の譚旭東さんに感謝!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さらに、ビデオカメラで撮影してくださった譚旭東さんのおかげで、いつでも、あの会場の雰囲気を再体験することが出来ます。

私の初の台湾講演を、関係者一同の活躍と一緒に動画で記録として残せたのは、一生の財産です。本当にありがとうございました。




この様に、沢山の方々のおかげで、初の台湾講演を無事に終わらせることが出来ました。



台湾の方に「また来て下さい」と日本語で言われ、調子に乗りそうになっている所ですが、また台湾の方々のお役に立てる機会がございましたら、参上させていただこうと思います。


御参会下さり、聴講くださった方々、スタッフの方々、本当にありがとうございました。また、お目にかかれる日を楽しみにしております!



141101taiwan047




141101taiwan049



Clearspace_20x90



07:04 午後 セミナーのお知らせ, ペット食育協会(APNA), 台湾 | | トラックバック (0)