2014年5月14日 (水)

例えば猫が食欲不振のとき、考えるべきこととは?

clearspace_20x30

猫の食欲不振



「うちの猫の食欲が無い…」

「うちの猫が餌を食べない…」

こんな時どう考えたら良いのでしょうか?



大抵は、「何だったら食べてくれますか?」 という質問をしがちです。

もちろん、それはそれで大事なのですが、「何故食欲が無くなったのか?」の方がもっと大事です。



先日、診療にやって来た猫ちゃんは、内臓に強い炎症が疑われ、それが原因で気持ち悪くて食べられない状態(二日酔いの朝のような状態)と診ました。

こんな状況で、原因を取り除かずに、無理矢理食事を口に押し込むなど、症状や見た目の現象にのみ対処すると、「同じ状態が続く…」そして「体力がどんどん無くなる…」ということになりがちです。

一つの現象をいろいろな視点で、調べることが大事だなと、あらためて感じた診療でした。

(※写真は、今回の猫とは関係ありません)






Petacademy_logo_50x57 症状の見方や家庭でできるケア・できないケアを獣医師が教えます

ペットアカデミー





Petacademy_logo_50x57 病気・症状別に学ぶ原因療法

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編





Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



04:43 午前 , 病気?急な体調不良, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

11/11〜14か、11/20〜23あたりからの体調不良について

こんにちは、須崎です。

ちょうど大阪セミナーをやったあたりの、
11/11〜14か、11/20〜23あたりから
下痢・嘔吐などが始まった犬や猫の診療が増えております。

なお、これは、原因あっての下痢ですから、
お近くの動物病院で原因を調べて取り除いていただき、
さらに脱水にもお気をつけ下さい。

当院では、安易に下痢を止めてしまって、
状態がこじれた子の診療が増えております。

ちなみに原因を取り除ければ解決することがほとんどですが、
あっという間に亡くなる子もおり、
それまでの体内感染・蓄積状態が影響していると思われます。

ですから「アレッ?」と思う事がございましたら、
迷わず動物病院に行かれた方がよろしいかと思います。

万が一薬物が蓄積した等ということがあったとしても、
それは後で解決できることだと思いますので、
そのリスクより、
処理能力の限界を超える感染がおこるリスクの方を
ご心配された方がこの時期はよろしいかと思います。

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!

Clearspace20x100



02:34 午前 病気?急な体調不良 | | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

突然の後肢マヒ、前肢マヒ…

最近、突然立てなくなる子がいるそうです。

当院にもこの様な子が多数やってきます。

しかし、
原因を探り、それを排除することと、
神経系の刺激により
復活している様です。

実は今日の診療で、2頭もこの様な状態でした。

スゴイと思うのが、
飼い主さんが誰もあきらめていなくて、
「当然歩ける様になるもの」
と思っていらっしゃることです。


「(試合に)出る前に負けること考えるバカいるかよ!」
そんな飼い主さんを力一杯応援いたしております。
  ↓↓↓↓↓

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

Clearspace20x100



04:45 午前 病気?急な体調不良, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

同時多発的な発病!?

当院受診中の方は、しっかりとお読み下さい。


この数日、
●数ヶ月前からしばらく診療依頼が無くて
●「治ったんだろう。よかったよかった。」と安心していた子達が
●一斉に戻ってきてしまう
という現象が起こっております。


しかも、みなさん、以下の様に同じ様な経緯で…
●症状が落ち着いていたからホッとしていた
●須崎も忙しそうだから、ちょっとのことぐらいで連絡するのは悪いと思った
●お子さんとの時間も必要だろうし
●奥さんにも協力してもらいたいし
●アレレッ!なんか様子がおかしいぞ!
●何とか持ち直してくれ!
●あぁ〜っ、ダメだぁ〜…
●「なるべく須崎に連絡しないようにと思っておりましたがすみません…。」


しかも様々な症状で…。



この現象が、地域限定ではなく、
全国的な現象の様で、
「やはり、昨年同様のことが起こりつつあるのか?」
と心配しているところです。



この心配とは、昨年あった、
●「原因不明」の体調不良が多発
● 突然死による、飼い主さんの精神的負担
などです。



もちろん、何でもない子にとっては何でもないのですが…。

私自身はあまり、皆さんを不安にさせる様な情報提供をしたくはないので、こういう形の情報提供はなるべく避けて来たし、今でもそう思っているのですが、どうも、ちょっとの油断・迷いが、取り返しの付かないことになること「」ある様です。

この時期、ペットの体調に何か不調を感じたら、
すぐに「お近くの動物病院」で
キチンと「根本原因」を探って
「適切な対処」をしてもらって下さいね。

ポイントは「根本原因を探れるかどうか」です。

あくまでも私の個人的な意見ですが

「様子は見ない方が良い!」と思います。

もたもたしている間に衰弱して力尽きる可能性「も」ある様ですので…。

---------------
※症状はその子その子で変わります。例えば同居犬・猫が同時に別々の症状で具合悪くなるケースがありましたが、原因を探ると同じ原因ということも珍しくありません。「どんな症状ですか?」「どんな原因ですか?」とご質問されても、個々のケースでまちまちですので、無駄な時間を過ごさぬ様、かかりつけの先生にゆだねて下さい。

また、当院を受診されている方は、私に気を遣うことなく、早い段階で事務局までお申し出下さい。とはいっても、たったこの数日で、当院の処理能力の限界を 超えたお申し込みをいただいていることは一応お伝えしておきます。うちの対応が間に合いそうにない場合、他院に行っていただいて全く問題ございませんので、とにかく「何 かあった場合は」お急ぎ下さい。
---------------



ところで、
この様な最新情報をキチンと学びたい方は、
ただ今、DVDがもらえます。
↓↓↓↓↓
http://petacademy.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

Clearspace_20x120



12:35 午前 ペットアカデミー, 病気?急な体調不良, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)