2016年7月15日 (金)

愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 実践編

clearspace_20x30

150623_bl_susaki_reyotest



PS10をせっかく買ったのに使いこなせない…、もっと自信を持ちたい…を解消するセミナー!


このセミナーは、レヨコンプPS10やPS1000をお持ちの方で、

●使い方が今ひとつわからない

 

●レヨテストの感覚がわからない

 

●プログラムが終了したかどうかわからない

という方のために、


●能書き無し

 

●感覚を掴むことに自信を持つために特化したセミナー

です。

Img_2024

このセミナーが終了した時点で

「長いこと懸念事項だった、『感覚』がつかめたぞっ!」

とお帰りいただくためのセミナーです。



もし、サロンをやっている方でしたら、トリートメントの仕事に自信が持てる様になれるでしょう。


家庭ユーザーなら、「よくわからないから長時間トリートメントしてきたけれど、調整が終わったかどうかがわかれば、効率良くトリートメントを行える!」という状態でお帰りいただけるでしょう。





受講対象者


レヨコンプPS10あるいはPS1000をお持ちの方

※ユーザー以外の方は受講出来ません

※購入予定者の方も受講出来ません





このセミナーでやらないこと


●バイオレゾナンス法とはなどの解説(わかっている前提で話します)

※自信のない方は、午前・午後に開催される「愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 原理・実践の技編」を受講してください





このセミナーでやること


●レヨテストを用いて調整が終わったかどうかを判定できる様になるために必要なこと





ユーザーには心待ちのセミナーでしょう


一台50〜100万円もする機械をせっかく買ったのに、レヨテストの判定が出来ずに、もったいない状態になっている方は少なくない様です。


そんな方が、せっかく購入された機械をフル活用出来る様にするための機械ですので、ぜひ、この機会をおみのがしなく!



セミナー募集要項


セミナー名

愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 実践編(ユーザー対象)


日時

新 宿:2016年11月05日(土)15:00-17:30(終了後に懇親会あり)

大 阪:2016年12月10日(土)15:00-17:30(終了後に懇親会あり)

※午前は、原因療法って何?レヨコンプで何が出来るの?に須崎が分かり易く解説する「愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 原理編」を開催いたします。午後からは2部門になっております。レヨコンプでどんなことが出来るか「愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 実践の技編」を実際須崎がいろいろな技を披露させて頂きます。こちらはレヨコンプをお持ちでない方も参加できるので、レヨコンプの購入をお考えの方には特におすすめです。



新宿会場 JR新宿駅付近のセミナールーム

大阪会場 JR新大阪駅付近のセミナールーム

 

自己投資費用

25,920円(税込)

のところ早期申込お手続き完了の方!

17,280円(税込)

持ち物

レヨコンプをお持ちください(貸し出しはございません)

今回はベレンクラフト社の方もお越し頂きます。


なお、次回の予定は今のところ未定です。なぜなら、須崎の予定は、一年半先まである程度決まっているからです。


この機会を逃すと、須崎のわかりやすい説明は診療を受診しないと当分受けられないかもしれません。


ということで、思い立ったが吉日で、迅速にお申し込み下さい。

 
 

お申し込みはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280516

 
 

☆頂いたご感想☆

 

実践編
  
===
何度お話を伺っても新しい発見があり、楽しく過ごせるセミナーです。
1つ1つクリアーになっていくので、また次回があれば参加したいと思います。
ありがとうございました。
 
みやびんさま
 
 
===
少しコツがつかめた感じがしました。
今までよくわからなかった事がわかり、
新しく学べた事も多くありました。
深く学べてとても身になり、今後役に立ちそうです。
また、とてもわかりやすく説明していただきありがとうございました。
楽しかったです。
 
いざささま
 
 
===
波動水の作り方、ハーモナイズの方法等、
基本的に理解できていない事ができて良かったです。
 
匿名希望さま
 
 
===
ここでしかお聞きできないお話ばかりで、勉強になりました。
バイオレゾナンスだけではなく、リラックス法など、知っているかどうかで、
今後大きな差が出て来そうです。
今日は本当に来て良かったです。
ありがとうございました!!
 
江口さま
 
 
===
先生が数年かけて培ってきた、
他では絶対にないすごい知識を聞かせて頂き、
視野が広まりました。
ありがとうございます。
リラックスと無の修行、リラックスして頑張ります。
ありがとうございました。
 
谷口さま
 
 
===
PS-10の使い方、良くわかりました。
今まで予想してたプログラムを流すだけでしたが、
自分で選ぶことができたり、調整完了がわかったり、
サプリを選ぶ事ができたり、活用の幅が広がって嬉しいです。
ガン、腎臓病、心臓病についての原因や対処法も教えて頂いて、
自分が今どうすればいいのか、道筋が見えてきました。
不安や心配もすごい影響をもっているんですね、
まさに心配しまくり、悪い想念を送ってしまっていました。
混乱していたことのパズルが解けた感じです。
トリートメントの順番も知れて良かったです。
大変有意義なセミナーを受講させていただきました。
ありがとうございました。
 
西本さま
 
 
===
実践において、コツや雰囲気がわかったので、反復トレーニングをしていこうと思います。
せっかく機器の能力を少しでも早く多く使われるようにと思いました。
ありがとうございました。
 
Iさま
 
 
===
レヨコンプを使い始めたばかりで、
わからない事が多くあったのですが、少し慣れ家でも練習できそうな気がしました。
シルバメソッドを事前に受講したおかげて、今回リラックス方法を、
前よりも更に精度が上がった様な気がしました。
ここでしか聞くことができない貴重な話も聞けて、
とても為になりました。
ありがとうございました。また次回の開催を楽しみにしています。
 
多美江さま
 
 
===
先生の長年の経験・実績から大切なエッセンスを教えて頂き、
ありがとうございました。
特にプログラムの組み立て方など、
本には書いておらず、聞いてみなければわからない事ばかりでした。
今後は、自分の犬達・自分の健康の為に、役立てていきたいと思います。
西洋医学を学んできましたが、又違う医学もあるのだと最近は思っています。
 
関谷さま
 
 
===
実践編、昨年の八王子につづき、2回目の受講をさせて頂きました。
今回もとてもわかりやすく、実践の方法がよくわかりました。
人数が少なめだったので、たくさん質問もでき、
今までの疑問も解決し、自信をもって使うことができる様になりそうです。
ありがとうございました。
 
Yukiさま
 
 
===
ありがとうございました。
盛り沢山な内容で、まだ消化できていませんが、
帰ってじっくり向きあいたいと思います。
 
八坂さま
 
 
===

お申し込みはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280516





午前の原理編セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-b4a0.html


午後の実践の技編セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/ps10-96d8.html



なお、ご質問に関してはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280523



Clearspace_20x90




Petacademy_logo_50x57 傷つけない、痛くない、むしろ気持ちよさそう!
須崎動物病院の「原因療法」を支える「バイオレゾナンス法」を簡単に解説しました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






12:00 午後 バイオレゾナンス法, 原因療法 | | トラックバック (0)

愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 実践の技編

clearspace_20x30

Dog923610_1920



PS10に興味があるけど使いこなせるか不安、いったいどんな事ができるのかもっと知りたい…を解消するセミナー!


このセミナーは、レヨコンプPS10のご購入をお考えの方で、

●使い方がわからない

 

●レヨコンプでいったいどんなことが出来るの?

 

●使いこなせるのか?

という方のために、


●能書き無し

 

●レヨコンプを使って須崎が色々な事を実践して皆様にお見せするセミナー

です。

Img_2022

このセミナーが終了した時点で

「長い間レヨコンプの事を疑っていたけど、やっぱり凄い機械だった!」お高いと思っていたけど、長い目でみたらその価値は妥当なのかも。

とお帰りいただくためのセミナーです。


「よくわからないし、怪しいと思われてしまうから、人に説明できなかったけど、実際どんな事ができるかを目のあたりにすると、やっぱり私は間違っていなかったんだ!」という状態でお帰りいただけるでしょう。




受講対象者


どなたでも参加可能です





このセミナーでやらないこと


●バイオレゾナンス法とはなどの解説(わかっている前提で話します)

※自信のない方は、午前に開催される「愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 原理編」を受講してください





このセミナーでやること

●こんなことがわかってしまいます!

●電磁波についての解説

 


長い間ご検討されている方には心待ちのセミナーでしょう


一台50〜100万円もする機械、どんなことが出来るかもわからず、購入なんて出来ないとお思いの方は少なくない様です。


そんな方が、せっかく購入された機械をフル活用出来る様にするための機械ですので、ぜひ、この機会をおみのがしなく!

今回はベレンクラフト社の方もお越し頂きます。

 
 

セミナー募集要項


セミナー名

愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 実践の技編


日時

新 宿:2016年11月05日(土)13:00-14:30

大 阪:2016年12月10日(土)13:00-14:30

※午前は、原因療法って何?レヨコンプで何が出来るの?に須崎が分かり易く解説する「愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 原理編」を開催いたします。午後からは2部門になっております。最後はユーザー対象の「感覚を掴む実践セミナー」を開催いたします。最後のコーナーのみユーザーの方だけが参加できるセミナーです。ユーザーで無い方は原理編・実践の技編しか受講出来ません。ごめんなさい。



新宿会場 JR新宿駅付近のセミナールーム

大阪会場 JR新大阪駅付近のセミナールーム

 

自己投資費用

16,200円(税込)

のところ早期申込お手続き完了の方!

8,100円(税込)

なお、次回の予定は今のところ未定です。なぜなら、須崎の予定は、一年半先まである程度決まっているからです。


この機会を逃すと、須崎のわかりやすい説明は診療を受診しないと当分受けられないかもしれません。


ということで、思い立ったが吉日で、迅速にお申し込み下さい。

 
 
☆頂いたご感想☆
 
 

実践技編
 
===
電磁波の影響についての話を伺って、
色んな事が症状の原因になっていると驚きました。
自分の健康にも気をつけないといけない、
家の中の環境にも注意しなければと感じました。
須崎先生は本当のことを話して下さるので、大好きです。
また色んな講座を受けさせて頂きたいと思います!
ありがとうございました。
 
金さま
 
 
===
飼い主が健康である事が重要だとよくわかりました。
物言えぬかわいい子たちの為に、できる事から実行していきたいと思いました。
便利な電化製品の害が詳しく教えて頂けて良かったです。
 
おばNさま
 
 
===
すいぶん前から使わなくなってしまった目覚まし時計、
新たに準備しなければ、と思っています。
電気すべてブロックすることは出来ませんが、
少しでもその影響を遮ることはできるのですね。
影響の大きさに驚きましたが、
防ぐ方法がないわけではないことで安心致しました。
症状の原因が実はそこにあるのではないこと、
それを探る術があること、とても希望がもてます。
ますます嬉しいことです。
先生が新幹線の切符代をためて下さっているように、
渡しも機械代をためます。
ありがとうございました。
 
鈴木さま
 
 
===
レヨコンプで電磁波の影響も確認できるとは思いませんでした。
そして、須崎先生のところどんな診療がされているのかも、
何となくイメージができました。
電磁波や飼い主からの影響までは考えにおよびませんでした。
レヨコンプもとても拡張性が高い機械であることがわかりました。
シンプルすぎてよくわからないと思っていたのですが、
シンプルゆえに自分の必要なことが、
好みに合わせてできるのだなと思いました。
症状が出るのは何か原因がある。
その原因を探ることができるようになれたら、なりたい!と思いました。
 
るーすけさま
 
 
===
電磁波の影響、今までもあると思っていましたが、
これほどまでに沢山影響があるとは思っていませんでした。
いつもパソコンを付けっぱなし、
電気付けっぱなしで寝てしまって、
一緒に暮らしてる猫たちにどれだけ悪影響を与えさせてしまっていたのどろうと、
思うと、自分の生活をもっと見直そうと思いました。
ありがとうございました。
 
匿名希望さま
 
 
===
先生のセミナーを何度か受講しましたが、
毎回興味深く、合点がいく役立つことばかりで、
次はもっと知りたいと思います。
そして、もっと勉強したいと思います。
セミナーはあっという間に終わってしまいます。
人との健康とも繋がっていることを知るのも大きな意味があると思います。
先生という方がいて知る事ができて、
本当にありがたいです。感謝です。
今は自分の子達で精一杯ですが、
いつの日か先生のやり方が普通になる時代が来れば、
沢山の子が助かります。
 
匿名希望さま
 
 
===
午後もありがとうございました。
電磁波に関して個人的に少し調べた事もありましたが、
実際に見るだけでもなるほど!!と実感しました。
八王子の教室で話を聴いた時からなんとなく気になるな・・・
と思っていたバイオレゾナンスでしたが、
とてもとても面白かったですし、
やってみたいと思ったと同時に、
今松山に帰ったら直ぐにでも試して(直して)みることがあるとわかりました。
帰ったら色々やります!
 
板東さま
 
 
===
電磁波・電磁場のお話は正直役に立ちました。
そんなにも身体に影響を受けていた事は驚きました。
バイオレゾナンスは、以前医学関係の方でないと使いこなせない、
と聞いたことがあるので、
一般の人が本当に使えるのか、
知識が必要なのかをもう少し具体的に聞きたかったです。
レヨコンプのデモンストレーションをもっと見たかったです。
ありがとうございます。
 
中村さま
 
 
===
電磁波の影響についてのお話は、とても役に立ちました。
ペットだけではなく人間の生活環境も見直してみようと思います。
なるべく多方面から物事を見ようと心がけていますが、
大前提、知らなければ何もできないと思いました。
なので、たくさんの情報、
しかもきちんとした情報を入手することが大切だと痛感しました。
バイオレゾナンス法については、
実際に使ってみないと実感できないかと思いますので、
出来ることなら使ってみたいです。
須崎先生のお話は笑いを含め、
緩急があって楽しくお聴きすることができます。
先生の知識の豊富さはもちろんですが、話術も素晴らしいと思いました。
ありがとうございました。
 
伊神さま
 
 
===
今日のセミナーもとても有意義でした。
普段のなにげない便利な生活の中で、
気をつけるべきことを知る事ができ、
今後いっそう注意しようと改めて思いました。
いずれは私も自分自身でバイオレゾナンスチェックができるようになりたいです。
楽しいセミナーをありがとうございました。
 
清水さま
 
 
===
ベレンクラフトさんのデモストレーション興味深かったです。
「スマホを充電しなが目覚まし」を今日から見直したいと思います。
夫が数ヶ月前から皮膚病でかゆがっています。
一日中テレビ録画を見て、スマホを持って、タブレットをいつも座っている側に置いているので、ここを(E-smog)見直してみたいと思います。
 
上住さま
 
 
===
便利な世の中ですが、
便利なものは体にあまりよくない事が殆どだと思いました。
全てなくす事は難しいですが、
しっかりした知識を持つことで、選択できるのでとても勉強になりました。
 
いざささま
 
 
===
飼い主の健康状態が、
ペットの健康に影響を与える事を知っていても、
つい自分の健康管理がずさんに(後回し)なってしまっていました。
今日、また改めて再確認させられました。
即、歯科検診予約をします!
部屋の中の除菌、電磁波対策も習慣にします。
また、今回レヨコンプを実際に使用する様子を見たかったので、
デモがもっとあるとありがたかったです。
 
匿名希望さま
 
 
 

お申し込みはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280516





午前の原理編セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-b4a0.html


午後の実践編セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-3c47.html



なお、ご質問に関してはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280523



Clearspace_20x90




Petacademy_logo_50x57 傷つけない、痛くない、むしろ気持ちよさそう!
須崎動物病院の「原因療法」を支える「バイオレゾナンス法」を簡単に解説しました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】



12:00 午後 バイオレゾナンス法 | | トラックバック (0)

愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 原理編

clearspace_20x30

150623_bl_susaki_boat_sinking



原因療法と対症療法


想像してみて下さい。

例えば、あなたのペットが頻繁に吐く様になったとき、


●吐くので吐き気止めを処方します

●食事と食事の間が8時間以上空くと吐くので、一日五回食べさせて下さい


と言われ、確かに吐かなくなったとします。


そこで質問です。

あなたはそれで安心できる人ですか?


もちろん、それで安心していただいても結構なのですが、人によっては、


「それ、治してないじゃん…。

 

 症状を止めただけじゃん…。

 

 原因は?

 

 何で吐いたの?

 

 何かもっと重要な問題がないの?

 

 そもそも、そんなに食べさせて大丈夫なの?」


と思う方もいらっしゃいます。



同じ様なことは、


●血尿が出たから、止血剤処方します

●結石が出たから、療法食を一生食べさせて下さい


なども同じことです。





原因療法と言いながら対症療法を選ぶ飼い主さん


今は、多くの飼い主さんがペットや病気の勉強をしているので、

「症状を消すだけの対症療法より、病気になった原因を取り除く原因療法でうちの子を治して欲しい!」

という方が増えて来ました。


しかし、そう言いながらも、大抵の飼い主さんは「症状を消して欲しい」とおっしゃるのです。


それで、

●症状を消すサプリ

●症状を消すハーブ

●症状を消すレメディー

●症状を消すリキッド

を求め、飼い主さん同士の情報交換も、結局は「●●が良かった」の良かったは、原因が抜けたかどうかはさておき「症状が消えた」ことが指標となります。



例え「対症療法じゃなくて原因療法でないと…」と口でおっしゃっていたとしてもです。



ここまでお読みになって、

あっそうか!

 

よく考えればそうだよね!

と感じた方に、ぜひこの先をお読みいただきたいのです。





原因療法は問題の本質にアプローチすること


原因療法というとピンと来ないかもしれませんが、


「川の水を干上がらせたい!」

という目標があったとき、


●河口で

●バケツで

●水をすくって河の外に出す

作業をしている人を、あなたはどう思いますか?


それよりは、

●水源に行って

●チョロチョロ湧いている穴に栓をする

方が、本質的ではないでしょうか?



また、冒頭の図にある通り、ボートに穴が空いて浸水したとき、

●バケツで

●水をボートの外に出す

作業を必死にやっている人を見て、あなたはどう思いますか?


●穴にフタすりゃ良いじゃん(出来ればの話しですが)

と思いませんか?



人はついつい焦ると、目先のことに夢中になりがちですが、ちょっと落ち着けば、大元をいじった方が本質的な解決になることは、誰でもわかることです。


Ball958950_1920

病名が何かより、どこに原因があるか?が大事!


ご存じかどうかわかりませんが、須崎動物病院は原因療法に取り組んでおります。


原因療法では誤解を恐れずに言えば、「病名はどうでもいい」と考えます。


なぜなら、そこに症状があるというだけで、なぜそこに症状が出ているのかはわからないからです。


MRIでシコリの存在がわかった!


でも、なぜそこにシコリがあるのかまではわかりません。


「シコリを取れば治るじゃん!」


そう思われるかもしれませんが、

「乳腺に腫瘍が出来たので、全ての乳腺を切除したのですが、2週間も経たないうちに背中にシコリが出来はじめました…」

こんなことは珍しいことではありません。


こういう場合は、もちろん、転移した可能性はありますが、「乳腺以外の所に本質的な原因があった」のかもしれません。


ですから、症状が出ている場合、根本原因

1)症状が出ているところに存在する場合

 

2)症状が出ているところ以外に存在する場合

があります。



1なら、シコリを切除すればそれで問題は解決するでしょう。


しかし、2だったら、しこりを切除しただけでは問題は解決しないのです。


そうなると、どこに原因があるのかを探る必要があります。





原因療法に取り組む須崎動物病院


原因療法でバイオレゾナンス法を用いると、


この症状は

●どこに根本原因があって

●何が根本原因で

●それはどれくらい重度で

●何を使ったら改善できそうか?

を、

●リアルタイム

●痛みなく(非侵襲)

推定することが出来ます。


確定と書けないのは、ミンチにして機械にかけないとそれはできないからで、そんなことは非現実的だからです。





バイオレゾナンス機器 レヨコンプPS10とPS1000


バイオレゾナンス機器は医療機器の認可は下りておりません。wikipediaには「オカルト」なんて書いてありますから、何も知らない方はそう思われるでしょうし、私はそれでいいと思います。



しかし、2006年から10年間使用してきての経験では、原因療法をサポートするツールとして、大変頼りがいのある存在と認識しております。




レヨコンプ PS10


150623_bl_susaki_ps10




レヨコンプ PS1000


150623_bl_susaki_ps1000





レヨコンプを買ったものの使いこなせない飼い主さんへ


また、当院は完全予約制のため、残念ながら月に一度以上の受診は叶いません。


ですから、飼い主さんがその間、自宅で「調整」をするために、機械を購入される方がいらっしゃいます。


しかし、決して安くない金額で買ったにもかかわらず、

1)実は原理がよくわからない

2)使い方がわからない

という悩みがある様です。


そんな悩みを解決したいけれど、どこに聞いたらいいのかわからない…。


販売元に聞いても、法律の壁があって歯切れの良い回答が得られない…。


だれか、分かり易く解説してくれる人はいないのだろうか…。


そんな声をチラホラ聞きますと、この機械は医療機器ではありませんが(くどい?)私の経験を話させていただくことは問題無さそうで、きっとそれは飼い主さんの求めているものなのだと思います。


診療でもさすがに機械の解説に2時間もかけませんから、受診中の方も「へぇ〜っ!」と新しい発見があるでしょう。





須崎とバイオレゾナンス法とレヨコンプ


ここまで書くと、「そう言う須崎はどんだけなの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、


●バイオレゾナンス法を動物医療に取り入れて9年(2006年〜)

 

●バイオレゾナンス医学会の九州大会と全国大会で講演

 

●ドイツのレヨネックス社(レヨコンプの開発・販売元)のディートマー・ハイメス社長、ヴィンフリート ジモン氏、ガドラン・ブンケンブルグ獣医師というそうそうたる方々にご来院いただきました

 

●日本で最初にPS1000(最高位機種)のペット用モジュールを導入させていただきました




バイオレゾナンス医学会で登壇


150623_bl_susaki_bioresonance_kyusy





レヨネックス社の主要メンバーが須崎動物病院へ


150623_bl_susaki_reyonex




日本で最初にPS1000のペット用モジュール


150623_bl_susaki_petmodule





ということで、日本からもドイツからもそれなりの評価をいただいていると思っておりますが、それは私の勘違いかもしれませんので、各自ご判断下さい。



ご興味のない方には、それでも「ナンノコッチャ」と思いますが、ご興味を持たれた方には「知りたいけれど、本を読んでも説明を聞いてもわからないから、分かり易く解説して欲しい…」のが、バイオレゾナンス法だと思います。



そして最近では、対症療法で行き詰まった飼い主さん達から、

「バイオレゾナンス機器で何が出来るの?」

というご質問を多数いただく様になりました。


しかし、大人の事情で「何も治りません」とお答えするしかないのです。



そこでこの度、須崎動物病院で採用しているバイオレゾナンス法についてご説明する機会を用意させていただきました。


このセミナーでは、

●バイオレゾナンス法の原理

 

●バイオレゾナンストリートメントとは?

 

●どんなことをするのか?

 

●どんなことができ「た」のか?

 

●どんなことはできな「かった」のか?

 

●自宅でどんな風に使えるのか?

などについてベレンクラフト社の方を招いて、受講者との質疑応答を交えながら、新しい選択肢を情報提供させていただきます。



ですから、

●原因療法について知りたい

 

●バイオレゾナンス法について知りたい

 

●機械の購入を検討している

 

●バイオレゾナンスの機器をサロン等で導入しているが、お客様にどう説明したらいいのかわからない

 

●須崎動物病院に通っている飼い主さんに、受診までの間にトリートメントしてあげられます!だから、原理を復習したい!

 

●近場に導入しているサロンがあるが、行くと「やらない」と言えないから、違う所で聞きたい(笑)

 

●須崎動物病院を受診しているが、今更「何をやられているのかわからない…とは質問できないので、しれっと参加したい」(笑)

 

●須崎動物病院を受診したいが、怪しすぎて不安だから、何がどうなんだか調査したい(笑)

という方のために開催されます。


Img_2021

セミナー募集要項


セミナー名

愛犬・愛猫の為のバイオレゾナンス法 原理編



日時

新宿:2016年11月05日(土) 10:30-12:00

大阪:2016年12月10日(土) 10:30-12:00

※午後からは2部門になっており、レヨコンプで実際どの様な事が出来るか「実践の技セミナー」を皆様にお見せ致します。最後はユーザー対象の「感覚を掴む実践セミナー」を開催いたします。最後のコーナーのみユーザーの方だけが参加できるセミナーです。ユーザーで無い方は原理編・実践の技編しか受講出来ません。ごめんなさい。



会場

新宿:JR新宿付近のセミナールーム

大阪:JR新大阪付近のセミナールーム

自己投資費用

5,400円(税込)

のところ早期申込お手続き完了の方!

4,320円(税込)

ちなみに、当院で開催するセミナーとしては、かなり低価格のセミナーで、あっという間に定員に達する可能性がございます。いつも通り、お申し込み後にご入金がお済みになった方から席が確保されます。定員に達しましたら、ご容赦ください。


なお、次回の予定は今のところ未定。なぜなら、須崎の予定は、一年半先まである程度決まっているからです。


ですから、この機会を逃すと、須崎のわかりやすい説明は診療を受診しないと当分受けられないかもしれません。


ということで、思い立ったが吉日で、迅速にお申し込み下さい。





お申し込みはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280516



実践の技セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/ps10-96d8.html

実践セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-3c47.html

 

 

☆頂いたご感想☆

 

原理編

===

とても興味のあったバイオレゾナンス法について、

楽しく学ぶことができました。

須崎先生の経験からさらに私達に理解しやすく教えて下さって、

この機械についても購入を考えたいと思いました。

本来私達がもっている五感の先にある感覚を取り戻す為に、

降ろされたものなのでしょうね。

次回は実践編に参加できるようにしたいと思いました。

ありがとうございました。

匿名希望さま

 

==

小型犬の飼い主です。

知人にレヨコンプをもっている方がいて、

一度抜歯のため全麻をした際に「トリートメントとハーモナイズを

してあげる肝臓と胆嚢あたりが少し・・・」といわれたことがあり、

それが「バイオレゾナンス」という言葉を知ったキッカケでした。

(3〜4年前の事です)

その後、波動などについて色々調べたり、学んだりしていますが、

あの機械で結局何をしていて何かできないのか?

という事について言葉にしようとうーん・・・・と曖昧なままでした。

それをスッキリさせたく参加しました。

もちろんスッキリしました!

わかっているようでわからなかった事、今更聞けなかった事を確認できました。

ありがとうございました。シンプルでわかりやすかったです。

るーすけさま

 

===

何年か前に診療を受けたことがありますが、

当時はよくわからない気がしました。

今日のお話を聞いて、納得できました。

ありがとうございました。

伊神さま

 

===

5月にも受講し、再受講でしたのでベース知識があり大変わかりやすかったです。

人に説明する為んい、どんなお話をすると理解してもらえるかという視点で聞くことができました。

上住さま

 

===

朝4時に起きて会場に入りましたが、あっという間でした。

もっと先生のお話が聞きたかったです。

バイオレゾナンスのことは、理解するこができました。

ありがとうございました。

川島さま

 

===

バイオレゾナンスの雰囲気や体内でおこる反応について、

わかりやすく学ぶ事ができました。

症状等の例えがとても記憶に残りおもしろかったです。

いざささま

 

===

短時間でとても内容の濃い体験談などきけて、今回受講できてラッキーでした。

私自身も問題のあることに実践、望む結果になる体験をしたいと思いました。

多美江さま

 

====

バイオレゾナンス法の詳細についてとてもよくわかりました。

病気の原因が意外なところにひそんでいる事が多いんだなと、

原因療法を行う重要性が理解できました。

一般的に行われている治療との違いが驚きでした。

今後の須崎先生のご活躍を楽しみしています。

オオガキさま

 

===

治らないこと、症状をもっていることにのみどうしてもフォーカスしてしまうのと、

目先のことで悩むことが多いので、改めてお話を聞けて、もう一度見なおしてみようと思います。

なかなか実践しないで、ずるずるになりがちですが、直ぐに出来る事に集中してみようと思います。

ありがとうございました。

また受講します!

大関さま

 

===

根本原因を取り除くことの大切さがよくわかりました。

バイオレゾナンスだけではなく、運動したり、寝床を除菌したりと、

自分ができることを、コツコツとやっていきたいと思います。

ジルさま

 

===

昨日に引き続き(薬膳セミナー)先生のお話をニンマリとしながら聞かせていただきました。

うちの子が特に具合が悪い・・・ということはないのですが、

今までの動物病院での処置に納得がいかず、

先生のお話は腑に落ち、今後の私自身の生活にも役立つ内容でした。

ありがとうございました。

堀内さま

 

===

以前大阪移動式診療でお世話になっていたはなの飼い主です。

本日はバイオレゾナンスの原理編に初参加しました。

波動の調整に関して、とても参考になりました。

トリマーをしていますが、須崎先生のお話にあるように、

多頭飼いで、どの子も同じ症状が出る家がありますが、

原因は家(寝床)なのだと認識できました。

次のステップ(勉強)に進めるように準備したいと思います。

井上さま

 

===

バイオレゾナンスについては、なんとなく理解しているつもりでしたが、

今回セミナーに参加させて頂き、明確に理解できました。

とても楽しくあっという間のセミナーでした。

江口さま

 

===

原理編に参加させてもらって良かったです。

須崎先生の宗教が全員に知れ渡れば、

地球は更なるレベルアップできるのにと思いましたが、

広まっては困りますね。

人生の質は、質問の質、染みました。

ありがとうございます。

谷口さま

 

===

久しぶりの須崎先生のセミナーでした!

話術パワーアップしてますし、やっぱりいろんな方向からの話もすごいなーと思いました。

朝一の新幹線で来れましたが、

参加してよかったです。

ありがとうございました。

八坂さま

 

===

2日連続のセミナー受講ができ嬉しいです。

バイオレゾナンスの機器を購入したいなと考えてますが、

セミナーを聴いて、ますます欲しくなりました。

敷居が高い・・・みたいに思ってましたが、

他の受講の方は機械を持っている方も多く、

一般の飼い主でも使えるものなんだとわかりました。

すまません、感想よりも欲しい願望の話ばかりになってしまいました・・・。

南谷さま

 

===

須崎先生のお話はわかりやすくて助かります。

今までよくわからないまま、バイオレゾナンスを受けておりましたが、

やはり原理をわかるのは大切だと、今日つくづく思いました。

今日はありがとうございました。

宮崎さま

 

===

はげはげ、脳の炎症、肺に穴、下痢ピーを、

薬でも手術をすることもなく、治せる機械に興味がすごくあります。

周波数で?振動が?なんでだろう?と思いますが、

不思議で妖しいですが・・・

今日は機械が触れると思っていたので、触れなかったのが残念です。

除菌を徹底しようと思います。

ポン太さま

 

===

現在先生に診て頂きたい親子のMダックスを飼っていて、

以前から原因療法にとても興味があり、是非この療法を受けたいと思っています。

その気持ちが本日の話を聞いてますます大きくなりました。

食育を受講している時から、須崎先生にお会いしたくて、とても楽しみにしていました。

とてもわかり易く楽しくもっともっと話を聞きたいと思いました。

又お会いできることを楽しみにしています。

近いうちに受診予約をお願いしたいと思います。

今日はありがとうございました。

吉本さま

 

===

バイオレゾナンスで何がわかるのか、良く理解できました。

飼い主がその原因をもっていることもあるというお話が、とても興味深かったです。

歯の治療を先延ばしにしていたので、早めに行こうと思いました。

現在2代目の子は元気ですが、

未病のうちにバイオレゾナンス法で検査を受けてみたいなぁと感じました。

さつきさま

 

===

中途半端な知識ではないと思い、受講させていただきましたが、

共鳴とスルーの部分等のピースがはまって、理解とイメージが整ったように思います。

思考の共鳴という点では、特に犬猫の飼い主さんは多いこともあり、

違う方面でも、なるほどと思ったセミナーでした。

ありがとうございました。

小林さま

 

===

動物のバイオレゾナンスの事が詳しく聞けてとても為になりました。

手作り食の疑問が解けて嬉しいです。

人間にも使える話もたっぷりあり、とても勉強になりました。

これで愛犬の命を守っていきたいです。

岩崎さま

 

 

===

 

 

お申し込みはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280516



実践の技セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/ps10-96d8.html

実践セミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-3c47.html

なお、ご質問に関してはこちらから

 

↓↓↓

 

 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=280523



Clearspace_20x90




Petacademy_logo_50x57 傷つけない、痛くない、むしろ気持ちよさそう!
須崎動物病院の「原因療法」を支える「バイオレゾナンス法」を簡単に解説しました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






11:59 午前 バイオレゾナンス法, 原因療法 | | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

薬で止まらなかった下痢が、原因療法で止まった!

13443135_1758690771038594_691115768

2015年の1月から下痢が続いていた犬がいました。

  動物病院で処方された下痢止めの薬も効かず、飼い主さんは困っていました。

  半年我慢しましたが、犬も辛そうになり、飼い主さんの我慢の限界も来たので、2015年6月に今までの対症療法(症状を消して自然治癒力を働きやすくさせる治療法)から、原因療法(原因を減らして、自然治癒力を働きやすくさせる治療法)にシフトしてどうなるかをチャレンジすることにしたそうです。


 
 

その結果…

 
原因療法で「この子の下痢の原因」と思われるものを探って取り除いてからは症状はほぼ出なくなったそうです。


 

もちろん、これまでの生活を通じて、犬が室内に原因をばらまいているので、再侵入して処理の限界を超えると下痢になることはタマにあるのですが、
●下痢になっても一回だけで終わり
●以前のように毎日下痢なのではなく、一ヶ月に一度程度
●室内除菌が進むにつれて、間隔が広がっている
●とにかく、犬がイキイキしてきた
●私も心にゆとりができるようになった

という状態で、初の診療から一年経った今(2016年6月)では、とても良い感じに仕上がってます


 
 

この様に、長引く下痢を患っている犬や猫は意外と珍しくありません

症状を消して下痢を止めて安心するも良し!
下痢の原因を減らして下痢になる理由が無くなるから下痢が止まるも良し!


 飼い主さんがどちらを希望されるのか?

 それもそうですが、まずはその選択肢があることを知ることも大事ですよね。


 
 

原因療法ってどんなことするの?」そんな、初心者向けのセミナーが、札幌博多で開催されます。生ライブは「ここだけの話」が大好評!

詳細はこちらから
↓↓↓
愛犬・愛猫の為の原因療法セミナー(入門編)in 福岡・札幌
 ・福 岡→2016/06/26(日)15:30-17:00
 ・札 幌→2016/07/10(日)15:30-17:00

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/in-18fa.html
---


 
 

「えぇ〜っ!東京とか大阪は無いの?」
という方もいらっしゃると思いますが、残念ながら「もう開催いたしました」。

  「知らなかった…」という方には、こちらのDVD教材もオススメです。ただし、生ライブの「ここだけの話」はカットされておりますが、重要な内容は盛り込まれておりますので、ご安心ください。
↓↓↓
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD035.html
---


 
 

「須崎動物病院と同じ様に原因療法に取り組む人間のお医者さんや歯医者さんはいませんか?」そんな方には、ぜひ、こちらにご参加いただき、最新のバイオレゾナンス医療に取り組む医療従事者の連絡先リストを入手してください!
↓↓↓
バイオレゾナンス医学会 全国大会(東京)
 ・2016/07/03(日)9:50-16:40

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/…/201673-487e.html
---


 
 

老犬・老猫になってから対処するより、成犬・成猫のうちから対処した方がもっと良いのは解っているのですが、何に気をつけたらいいのか…。」という方はこちらもオススメ!
↓↓↓
獣医師から学ぶ老犬・老猫のトータルケア(基礎編・上級編)
 ・新 宿→2016/07/02(土)
 ・大 阪→2016/08/20(土)

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-74d5.html






Petacademy_logo_50x57 獣医師が教える犬猫の栄養学

ペットアカデミー





Petacademy_logo_50x57 病気・症状別に学ぶ原因療法

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編





Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



03:14 午後 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス医学会, バイオレゾナンス法, 北海道, 原因療法, 福岡 | | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

乳腺腫瘍が腫れたりしぼんだりするのは何が起こっている?

Cockerspaniel750767_1280_2

先日診療していましたところ、
「乳腺腫瘍が腫れたりしぼんだりするのですが、これは免疫力が働いたり働かなかったりするということでしょうか?」
というご質問を頂きました。



年齢も13歳なので、手術も出来ないといわれ、飼い主さんも心配なのだと思います。


では、原因療法的に調べたら、どういう結果になったのでしょうか?




◆想像で語ると不安になる…



原因療法的にこういうケースはよくあることです。


いわゆる免疫力が上がったり下がったりということは考えにくいわけです。


で、実際に調べること無く想像で物事を話すのは無駄なことなので、調べてみればいいわけです。




◆腫瘍系反応物質の反応があるかどうか?



バイオレゾナンス法を用いた原因療法ではこの様な場合、

腫瘍系反応物質の反応の有無
炎症反応物質の反応の有無
を探ります。



腫瘍系反応物質の反応が強ければ、いわゆる腫瘍の状態

炎症反応物質の反応が強ければ、いわゆる炎症が強い状態

であると想定できます。




「どうせ腫瘍だったとしても手術は断られていたから、どうしようも無いのですが…。」


ということで、調べてみましたところ…




◆炎症反応物質の反応が強かった!



今回のケースを調べてみると、

●腫瘍系反応物質の反応はほとんど無い
●炎症反応物質の反応は強い


という結果だったので、この腫れの主な原因は腫瘍ではなく、炎症反応の可能性が高いわけです。



では、炎症があるということはどういうことでしょうか?




◆炎症反応があるということは…



炎症があるということは、白血球が異物と闘っているということを意味します。


ということは、

●異物侵入→炎症反応→腫れた!
●異物処理が進む→異物量が減る→腫れが引いた!
●再度、異物侵入→炎症反応→腫れた!


ということが繰り返されていると考えられます。



いずれにしても、腫れの原因は、実際に調べないとわかりません


ただ、バイオレゾナンス法で調べるとこのぐらいのことはわかります。




もちろん、バイオレゾナンス法でなければならないということはないので、他の方法でもいいわけですが、症状からみたら「取るか取らないか?」で判断するしかないですよね。


どちらでもいいのですが、原因療法的にチェックをすると、手術以外の選択肢を選択できるかもしれませんね。




◆腫れた原因を排除するには?



詳細は個人的なケースの話なので、控えさせていただきますが、主な原因は、口に問題がありました(あくまでも、この子の場合です)。



口→血液→腎臓→リンパ節→乳腺



と影響が波及していた様でした。



●口内ケアの再チェック
●体内除菌
●腎臓・リンパ節の調整
●乳腺の炎症の調整

などを行って、ひとまずは二ヶ月様子をみることにしました。




歳を取ってからは、除菌にも時間がかかります


もちろん、歳を取ってから何かをはじめてもいいのですが、「とき既に遅し…」などとならない様に、きるだけ早い段階で、「歳をとる前にケアをはじめる」ことがとても大事なのではないでしょうか?




◆老犬・老猫に必要な栄養素は言えますか?



そんなわけでこの度開催される


「獣医師から学ぶ老犬・老猫のトータルケア(基礎編・上級編)」

は、

●老犬・老猫に必要な栄養素とその理由
●老犬・老猫が気をつけるべき病気とその理由

などについてお話しをさせていただきます。


ぜひ、「学術論文(一次情報)に基づいた情報」を「楽しくわかりやすく」学んでください。


後悔や自責の念に駆られることなく、自信を持って楽しく日々生活できるように、転ばぬ先の杖をご用意ください!


詳細、お申し込みのご案内はこちらです。

このセミナーに関連した【須崎から学ぶ、老犬・老猫のための日常ケア・食事・ダイエット】についての講義を【集中講座】としてご案内しています。



日々真摯に取り組んでいる飼い主さんに、今、あなたが見ているのとは違う視点を提供し、「いざ」というときの適切な選択肢を増やすことができますよう、セミナー教材をご用意しています。

何でもないうちに是非、ご活用下さい。






Petacademy_logo_50x57 獣医師が教える犬猫の栄養学

ペットアカデミー





Petacademy_logo_50x57 病気・症状別に学ぶ原因療法

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編





Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



03:47 午後 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス法, 原因療法, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

下半身の関節がポコポコ鳴っていたのがなくなった!

Little349607_1280

かつて、関節がポコポコ鳴っていた犬がいました。

原因も不明で、関節のサプリが要るとか要らないとか…。


そんな犬が当院に「原因を探ってください!」と連れて来られたので、得意のバイオレゾナンス法を用いて原因を探ってみました。




◆症状の出ている場所に原因がある場合とそこ以外に原因がある場合


こういう場合は、
●関節に問題がある場合
●関節以外に問題があって、回り回って関節に症状が出ている場合
とがあります。

この区別が付くことが原因療法には大事です



「この症状にはこのツール」

では、改善しません。




◆原因療法では、病名に処方はしません


だから、当院では、

●●病にはこの漢方
●●病にはこのハーブ
●●病にはこのレメディー
●●病にはこのサプリ

という情報提供は診療では一切致しません。



その代わりに、
●この子の第一から第六原因にはこれら
というツールの提供の仕方をします。




ですから、ちまたにある

「●病にはこの漢方」

という情報には…


まぁ、それはそれとして、(笑)




あれから数ヶ月が経った今回…

●関節がポコポコ音がしなくなった
●喘息の様な呼吸器症状もなくなった

ということで、とても調子よくなったそうです。




やはり、症状を安易に消すと、不安が残りますが、
原因を取り除けば、症状が出る理由は無くなります。



症状が続くという場合は、原因が残っていることを意味します。

だとしたら、やり残していることをやっていただければいいのですが、なぜか、「他にやることはないですか?」と新しいことを要求する方が多くて、困ってしまいます。


まぁ、気付くのも学びなので、

「これを追加してみて、変わらなければ、やり残していることがあるということです」

と、遠回しにお伝えはしております。




いつもの繰り返しになりますが、症状が出たときに大切なことは、「症状を消すだけで終わらせない」です。

●ステロイド投薬も
●抗がん剤投薬も
症状を消すだけで治ってはいないということです。




大多数の方は、苦しんだり悩んだりしていた症状が落ち着くと、喜ばれて「治った」と思ってしまうようですが、それは決して正しい認識ではありません。



「症状」を消しただけで済ませ、「原因」を残してしまうと、一見改善したように見えても、身体の中で火種がくすぶり続けることになり、いつ何時そこから燃え出すかもしれません。

ですから、あなたが「治った」と思っていることが、本当の意味で「治った」なのかどうかを、もう一度考えてみるときが来ているかもしれません




とにかく、今回は、偶然だとは思いますが、どうしたらいいのかわからない状態から元に戻せてよかったなと思っております。


これからも、須崎は「原因療法」の考え方で、悩める飼い主さんのお手伝いができるように、日々努力し続けていきたいと思っています。



日々真摯に取り組んでいる飼い主さんに、今、あなたが見ているのとは違う視点を提供し、「いざ」というときの適切な選択肢を増やすことができますよう、セミナー教材をご用意しています。

何でもないうちに是非、ご活用下さい。






Petacademy_logo_50x57 獣医師が教える犬猫の栄養学

ペットアカデミー





Petacademy_logo_50x57 病気・症状別に学ぶ原因療法

詳細はこちら!
↓↓↓
【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 がん・腫瘍編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 皮膚病編

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 泌尿生殖器編 - 腎臓、副腎、子宮、前立腺、膀胱 -

【原因療法】愛犬・愛猫の原因不明の謎の病気の原因を探るセミナー2015 アレルギー・自己免疫性疾患編





Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






Apna_logo_circle_50x50 ペット食育協会(APNA) メールマガジン
↓↓↓
http://apna.jp/mailmaga/





Book_susaki_21_50x57 須崎の→21冊
↓↓↓
http://www.susaki.com/publish/index.html





あなたの疑問に、ブログ・メルマガ等でお答えしております!

愛犬愛猫の手作り食や手作りご飯や栄養学についての質問募集!    

Clearspace_20x90



10:00 午前 バイオレゾナンス法, 原因療法, , 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

第7回バイオレゾナンス医学会 全国大会(2016.7.3.)登壇決定!

健康な細胞は、不調の原因を取り除けば、自然と元に戻ります!


そんな内容を学べる機会のお知らせです。



160309_bl_susaki_bioresonance01_3



160309_bl_susaki_bioresonance02






2016年7月3日(日)は、ぜひスケジュールを1日確保していただけませんでしょうか?


2016年7月3日(日曜日)、私が普段学ばさせていただいている、バイオレゾナンス医学会の全国大会が開催されます(一般の方も受講出来ます)。



須崎も登壇いたします!


昨年の全国大会でも、獣医師として登壇を仰せつかりましたが、今年も!


しかも、トップバッターで!


内容は
お気づきですか?「症状が消えること」と「治る」ことは違うのです!


終了後にはQ&Aコーナーもございます!





転ばぬ先の杖を準備しよう!


冒頭にも記載しましたが、健康な細胞は、不調の原因を取り除けば、自然と元に戻ります!


今、人もペットも不調に悩んでいる方は、ひょっとしたら、症状の緩和を最優先にして、原因を取り除くことに手が付いていないだけかもしれません。


須崎動物病院を受診した方から、「須崎動物病院と同じ様な原因を取り除く診療をやってくれる人間の医療機関はありませんか?」とよく質問を受けます。


そんな方こそ、バイオレゾナンス医学会の全国大会を受講されることをオススメします。




また、今は大きな問題は無いけれど「何でもないうち」にこういう情報に触れ、いざというときの担当医を探してみることもオススメします!



情報や知識に触れることも大事ですが、選択肢を増やすことも大事です。


問題解決力を高める秘訣は、豊富な選択肢をもつことだからです!


特に、「今の治療は症状を抑えているだけで、根本的な治療になっているとは思えないよなぁ…」という方にこそ、聴いていただきたい内容でございます。(西洋医学は大切な技術であることは間違いないのですが)



ですから、もし、あなたが興味をもてなくても、西洋医学以外の選択肢を探しているお友達や他の方(くどいようですが、西洋医学は大切な技術であることは間違いないです)にも、ぜひご紹介ください。「こんなアプローチがあったのか!」と目からウロコの連続だと思います。






全国大会ならではの講師陣


私はともかく、今回の先生方は、なかなか予約の取れない方々です。


せっかくの機会ですから、ぜひ、その考え方やアプローチに触れ、何かがあったときに希望を持てる様、一日学んでみてはいかがでしょうか?






お得に参加しよう!


このページから僕と一緒にお申し込みいただきますと参加費1万円が5千円になるそうですので、「転ばぬ先の杖」を用意しておきたい方は、ぜひ、このページの一番下からお申し込み下さい。

※配送・事務手数料を500円だけいただきますこと、ご了承ください

なお、全国大会のチケットは、私個人の定員の100名に達しましたら、締め切らせていただきますので、お申し込み時点で定員に達しており、参加できない可能性もあることをあらかじめご了承ください。






須崎も楽しみにしております


普段、マスメディアでは得られない健康と医学の有益情報を、錚々たるメンバーが一日をかけて講演致します。


普段私は、佐賀会場で学んでいるので、東京会場の先生方とは面識がほとんどございません


ですから、今回も個人的にとても楽しみです。


このブログをご存じの方は、バイオレゾナンスをご存知の方が殆どの事と思いますが、もしご存知のない方がいらっしゃいましたら、以下からホームページをご覧頂き、治し方を追求し、治り方を高める診療方法を、おお見知りおき頂くと今後の選択肢が増える事と思います。


===================

バイオレゾナンスとは

http://www.bio-resonance.jp/about.html

===================






バイオレゾナンス医学会 全国大会 開催要項


開催日時………7月3日(日) 9:50-16:40

開場時間………9:20から入場可


会場………日経ホール

〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F



【地下鉄】

東京メトロ

◆ 千代田線 「大手町駅」  神田橋方面改札より徒歩約2分 
◆ 丸ノ内線  「大手町駅」  サンケイ前交差点方面改札より徒歩5分
◆ 半蔵門線 「大手町駅」  大手町方面改札より徒歩約5分
◆ 東西線   「大手町駅」  中央改札より徒歩約9分
       「竹橋駅」     4番出口より徒歩約2分


都営地下鉄

◆ 三田線  「大手町駅」  大手町方面改札より徒歩約6分

地下鉄「大手町駅」  下車C2b出口直結



会場へのアクセスは下記のページをご参照ください。

http://www.nikkei-hall.com/access/index.html





【受講費用】


<一般チケット10,000円>

5,500円

 

チケット代5,000円+送料・事務手数料500円




僕のところからお申し込みいただけたらお一人でも4人以上割引適用!という形で募集しますので、みんなでお得に参加しましょう♪





お申込はこちらhttps://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=302358


お問合せ→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=302360





チケット入手までの流れは、


お申し込受付は6月14日(火)まで

6月16日(木)までにご入金完了

6月20日(月)一斉にチケット配送

※6月16日(木)にご入金確認の出来ない方は、
キャンセル扱いになります。
事務局から確認のご連絡はいたしませんので、
何卒ご了承を頂きたいと思います。

という流れでございます。



そして、お友達もお誘い合わせの上、ぜひ一緒にご参加下さい。


あなた様の人生における有益なヒントが得られますこと、願っております。




お申込はこちらhttps://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=302358


お問合せ→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=302360




Petacademy_logo_50x57 傷つけない、痛くない、むしろ気持ちよさそう!
須崎動物病院の「原因療法」を支える「バイオレゾナンス法」を簡単に解説しました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】



10:52 午前 イベントのお知らせ, セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス医学会, バイオレゾナンス法, 代替医療 | | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

レヨコンプPS10とPS1000を使いこなせる様になる実践セミナー

clearspace_20x30

150623_bl_susaki_reyotest



PS10をせっかく買ったのに使いこなせない…、もっと自信を持ちたい…を解消するセミナー!


このセミナーは、レヨコンプPS10やPS1000をお持ちの方で、

●使い方が今ひとつわからない

 

●レヨテストの感覚がわからない

 

●プログラムが終了したかどうかわからない

という方のために、


●能書き無し

 

●感覚を掴むことに自信を持つために特化したセミナー

です。



このセミナーが終了した時点で

「長いこと懸念事項だった、『感覚』がつかめたぞっ!」

とお帰りいただくためのセミナーです。



もし、サロンをやっている方でしたら、トリートメントの仕事に自信が持てる様になれるでしょう。


家庭ユーザーなら、「よくわからないから長時間トリートメントしてきたけれど、調整が終わったかどうかがわかれば、効率良くトリートメントを行える!」という状態でお帰りいただけるでしょう。





受講対象者


レヨコンプPS10あるいはPS1000をお持ちの方

※ユーザー以外の方は受講出来ません

※購入予定者の方も受講出来ません





このセミナーでやらないこと


●バイオレゾナンス法とはなどの解説(わかっている前提で話します)

※自信のない方は、午前中に開催される「原因療法とレヨコンプセミナー 原理編」を受講してください





このセミナーでやること


●レヨテストを用いて調整が終わったかどうかを判定できる様になるために必要なこと





ユーザーには心待ちのセミナーでしょう


一台50〜100万円もする機械をせっかく買ったのに、レヨテストの判定が出来ずに、もったいない状態になっている方は少なくない様です。


そんな方が、せっかく購入された機械をフル活用出来る様にするための機械ですので、ぜひ、この機会をおみのがしなく!





セミナー募集要項


セミナー名

とことんレヨコンプセミナー 実践編(ユーザー対象)


日時

2015年8月1日 13:00-19:00(終了後に懇親会あり)

※午前は、原因療法って何?レヨコンプで何が出来るの?に須崎が分かり易く解説する「原因療法とレヨコンプセミナー 原理編」を開催いたします。特に「人に説明できない…」という方は、午前の部も合わせてお申し込み下さい。



会場

須崎動物病院 めじろ台セミナールーム

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台1-8-25 アゴラビルG101

※京王線 めじろ台駅 徒歩3分


詳しくは下記のページをご参照ください。

http://www.susaki.com/accsses/index.html



自己投資費用

16,200円(税込)



定員

20名



持ち物

レヨコンプをお持ちください(貸し出しはございません)




なお、次回の予定は今のところございません。なぜなら、須崎の予定は、一年半先まである程度決まっているからです。


前回は2年前の2013年8月でした。ですから、この機会を逃すと、須崎のわかりやすい説明は診療を受診しないと当分受けられないかもしれません。


ということで、思い立ったが吉日で、迅速にお申し込み下さい。





お申し込みはこちらから(午前もお申し込みになる方は二つ選択してください)

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=264738





午前のセミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/ps10ps1000-7ba1.html





なお、ご質問に関してはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=264740






Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






06:04 午前 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス法 | | トラックバック (0)

原因療法とバイオレゾナンス法のレヨコンプPS10、PS1000で何が出来る?

clearspace_20x30

150623_bl_susaki_boat_sinking



原因療法と対症療法


想像してみて下さい。

例えば、あなたのペットが頻繁に吐く様になったとき、


●吐くので吐き気止めを処方します

●食事と食事の間が8時間以上空くと吐くので、一日五回食べさせて下さい


と言われ、確かに吐かなくなったとします。


そこで質問です。

あなたはそれで安心できる人ですか?


もちろん、それで安心していただいても結構なのですが、人によっては、


「それ、治してないじゃん…。

 

 症状を止めただけじゃん…。

 

 原因は?

 

 何で吐いたの?

 

 何かもっと重要な問題がないの?

 

 そもそも、そんなに食べさせて大丈夫なの?」


と思う方もいらっしゃいます。



同じ様なことは、


●血尿が出たから、止血剤処方します

●結石が出たから、療法食を一生食べさせて下さい


なども同じことです。





原因療法と言いながら対症療法を選ぶ飼い主さん


今は、多くの飼い主さんがペットや病気の勉強をしているので、

「症状を消すだけの対症療法より、病気になった原因を取り除く原因療法でうちの子を治して欲しい!」

という方が増えて来ました。


しかし、そう言いながらも、大抵の飼い主さんは「症状を消して欲しい」とおっしゃるのです。


それで、

●症状を消すサプリ

●症状を消すハーブ

●症状を消すレメディー

●症状を消すリキッド

を求め、飼い主さん同士の情報交換も、結局は「●●が良かった」の良かったは、原因が抜けたかどうかはさておき「症状が消えた」ことが指標となります。



例え「対症療法じゃなくて原因療法でないと…」と口でおっしゃっていたとしてもです。



ここまでお読みになって、

あっそうか!

 

よく考えればそうだよね!

と感じた方に、ぜひこの先をお読みいただきたいのです。





原因療法は問題の本質にアプローチすること


原因療法というとピンと来ないかもしれませんが、


「川の水を干上がらせたい!」

という目標があったとき、


●河口で

●バケツで

●水をすくって河の外に出す

作業をしている人を、あなたはどう思いますか?


それよりは、

●水源に行って

●チョロチョロ湧いている穴に栓をする

方が、本質的ではないでしょうか?



また、冒頭の図にある通り、ボートに穴が空いて浸水したとき、

●バケツで

●水をボートの外に出す

作業を必死にやっている人を見て、あなたはどう思いますか?


●穴にフタすりゃ良いじゃん(出来ればの話しですが)

と思いませんか?



人はついつい焦ると、目先のことに夢中になりがちですが、ちょっと落ち着けば、大元をいじった方が本質的な解決になることは、誰でもわかることです。





病名が何かより、どこに原因があるか?が大事!


ご存じかどうかわかりませんが、須崎動物病院は原因療法に取り組んでおります。


原因療法では誤解を恐れずに言えば、「病名はどうでもいい」と考えます。


なぜなら、そこに症状があるというだけで、なぜそこに症状が出ているのかはわからないからです。


MRIでシコリの存在がわかった!


でも、なぜそこにシコリがあるのかまではわかりません。


「シコリを取れば治るじゃん!」


そう思われるかもしれませんが、

「乳腺に腫瘍が出来たので、全ての乳腺を切除したのですが、2週間も経たないうちに背中にシコリが出来はじめました…」

こんなことは珍しいことではありません。


こういう場合は、もちろん、転移した可能性はありますが、「乳腺以外の所に本質的な原因があった」のかもしれません。


ですから、症状が出ている場合、根本原因

1)症状が出ているところに存在する場合

 

2)症状が出ているところ以外に存在する場合

があります。



1なら、シコリを切除すればそれで問題は解決するでしょう。


しかし、2だったら、しこりを切除しただけでは問題は解決しないのです。


そうなると、どこに原因があるのかを探る必要があります。





原因療法に取り組む須崎動物病院


原因療法でバイオレゾナンス法を用いると、


この症状は

●どこに根本原因があって

●何が根本原因で

●それはどれくらい重度で

●何を使ったら改善できそうか?

を、

●リアルタイム

●痛みなく(非侵襲)

推定することが出来ます。


確定と書けないのは、ミンチにして機械にかけないとそれはできないからで、そんなことは非現実的だからです。





バイオレゾナンス機器 レヨコンプPS10とPS1000


バイオレゾナンス機器は医療機器の認可は下りておりません。wikipediaには「オカルト」なんて書いてありますから、何も知らない方はそう思われるでしょうし、私はそれでいいと思います。



しかし、2006年から9年間使用してきての経験では、原因療法をサポートするツールとして、大変頼りがいのある存在と認識しております。




レヨコンプ PS10


150623_bl_susaki_ps10




レヨコンプ PS1000


150623_bl_susaki_ps1000





レヨコンプを買ったものの使いこなせない飼い主さんへ


また、当院は完全予約制のため、残念ながら月に一度以上の受診は叶いません。


ですから、飼い主さんがその間、自宅で「調整」をするために、機械を購入される方がいらっしゃいます。


しかし、決して安くない金額で買ったにもかかわらず、

1)実は原理がよくわからない

2)使い方がわからない

という悩みがある様です。


そんな悩みを解決したいけれど、どこに聞いたらいいのかわからない…。


販売元に聞いても、法律の壁があって歯切れの良い回答が得られない…。


だれか、分かり易く解説してくれる人はいないのだろうか…。


そんな声をチラホラ聞きますと、この機会は医療機器ではありませんが(くどい?)私の経験を話させていただくことは問題無さそうで、きっとそれは飼い主さんの求めているものなのだと思います。


診療でもさすがに機械の解説に2時間もかけませんから、受診中の方も「へぇ〜っ!」と新しい発見があるでしょう。





須崎とバイオレゾナンス法とレヨコンプ


ここまで書くと、「そう言う須崎はどんだけなの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、


●バイオレゾナンス法を動物医療に取り入れて9年(2006年〜)

 

●バイオレゾナンス医学会の九州大会と全国大会で講演

 

●ドイツのレヨネックス社(レヨコンプの開発・販売元)のディートマー・ハイメス社長、ヴィンフリート ジモン氏、ガドラン・ブンケンブルグ獣医師というそうそうたる方々にご来院いただきました

 

●日本で最初にPS1000(最高位機種)のペット用モジュールを導入させていただきました




バイオレゾナンス医学会で登壇


150623_bl_susaki_bioresonance_kyusy





レヨネックス社の主要メンバーが須崎動物病院へ


150623_bl_susaki_reyonex




日本で最初にPS1000のペット用モジュール


150623_bl_susaki_petmodule





ということで、日本からもドイツからもそれなりの評価をいただいていると思っておりますが、それは私の勘違いかもしれませんので、各自ご判断下さい。



ご興味のない方には、それでも「ナンノコッチャ」と思いますが、ご興味を持たれた方には「知りたいけれど、本を読んでも説明を聞いてもわからないから、分かり易く解説して欲しい…」のが、バイオレゾナンス法だと思います。



そして最近では、対症療法で行き詰まった飼い主さん達から、

「バイオレゾナンス機器で何が出来るの?」

というご質問を多数いただく様になりました。


しかし、大人の事情で「何も治りません」とお答えするしかないのです。



そこでこの度、須崎動物病院で採用しているバイオレゾナンス法についてご説明する機会を用意させていただきました。


このセミナーでは、

●バイオレゾナンス法の原理

 

●バイオレゾナンストリートメントとは?

 

●どんなことをするのか?

 

●どんなことができ「た」のか?

 

●どんなことはできな「かった」のか?

 

●自宅でどんな風に使えるのか?

などについて受講者との質疑応答を交えながら、新しい選択肢を情報提供させていただきます。



ですから、

●原因療法について知りたい

 

●バイオレゾナンス法について知りたい

 

●機械の購入を検討している

 

●バイオレゾナンスの機器をサロン等で導入しているが、お客様にどう説明したらいいのかわからない

 

●須崎動物病院に通っている飼い主さんに、受診までの間にトリートメントしてあげられます!だから、原理を復習したい!

 

●近場に導入しているサロンがあるが、行くと「やらない」と言えないから、違う所で聞きたい(笑)

 

●須崎動物病院を受診しているが、今更「何をやられているのかわからない…とは質問できないので、しれっと参加したい」(笑)

 

●須崎動物病院を受診したいが、怪しすぎて不安だから、何がどうなんだか調査したい(笑)

という方のために開催されます。



しかし、私だけでは役不足かもしれません。そこで、今回はゲストにお二方、ご来場いただけるお約束をいただきました!





ゲストは日本のNo.1とNo.2


当日は、僕が適当なことを言わない様に、監視役として、お二人のゲストにお越しいただきます。


レヨネックス社 日本正規代理店 ベレンクラフト 株式会社 代表取締役 野呂瀬民知雄氏


ドイツ振動医学推進協会 日本支部 支部長 熊田洋子氏


レヨコンプ(バイオレゾナンス機器)に関する日本ナンバー・ワンとナンバー・ツーにお越しいただけます。これで、須崎が勘違いしていることが仮にあったとしても、正しい情報をサポートをしていただけますから大丈夫です。



さて、肝心の募集要項です。





セミナー募集要項


セミナー名

原因療法とレヨコンプセミナー 原理編



日時

2015年8月1日 10:00-12:00

※午後からは、ユーザー対象の「感覚を掴む実践セミナー」を開催いたします。8月1日時点でユーザーの方だけが参加できるセミナーです。ユーザーで無い方は原理変しか受講出来ません。ごめんなさい。



会場

須崎動物病院 めじろ台セミナールーム

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台1-8-25 アゴラビルG101

※京王線 めじろ台駅 徒歩3分


詳しくは下記のページをご参照ください。

http://www.susaki.com/accsses/index.html



自己投資費用

3,240円(税込)



定員

30名


ちなみに、当院で開催するセミナーとしては、かなり低価格のセミナーで、かつ募集が30名ですから、あっという間に定員に達する可能性がございます。いつも通り、お申し込み後にご入金がお済みになった方から席が確保されます。定員に達しましたら、ご容赦ください。




なお、次回の予定は今のところございません。なぜなら、須崎の予定は、一年半先まである程度決まっているからです。


前回は2年前の2013年8月でした。ですから、この機会を逃すと、須崎のわかりやすい説明は診療を受診しないと当分受けられないかもしれません。


ということで、思い立ったが吉日で、迅速にお申し込み下さい。





お申し込みはこちらから(午後もお申し込みになる方は二つ選択してください)

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=264738





午後のセミナーの詳細はこちらから

↓↓↓

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/ps10ps1000-b4ed.html





なお、ご質問に関してはこちらから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=264740






Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






06:02 午前 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス法, 原因療法, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

九州地区で、須崎動物病院と同じ様な原因を取り除く診療をやってくれる人間の医療機関をお探しの方へ

clearspace_20x30

2014年11月3日(月曜、祝日)、僕が普段学ばさせていただいている、バイオレゾナンス医学会九州大会があります。



バイオレゾナンス医学会2014九州大会



バイオレゾナンス医学会2014九州大会概要



今回は何と、私も登壇いたします!

本医学会では、獣医師は初登壇

しかも、トップバッターで!

内容は「原因不明の謎の病気の原因を探る!」

終了後にはQ&Aコーナーもございます!



この記事のタイトルの様なご希望のある方は、でもないうち」にこういう情報に触れ、いざというときの担当医を探してみることをオススメします!


そうです、今回の第一目標は、知識に触れることではなく、「こんな選択肢があり、その選択肢を提供できる人がここにいる!」と把握することです!


特に、今の治療は症状を抑えているだけで、根本的な治療になっているとは思えないよなぁ…という方にこそ、聴いていただきたい内容でございます。(西洋医学は大切な技術であることは間違いないのですが)



ですから、あなたが興味をもてなくても、西洋医学以外の選択肢を探しているお友達や他の方(くどいようですが、西洋医学は大切な技術であることは間違いないです)にも、ぜひご紹介ください。「こんなアプローチがあるのか!」と目からウロコの連続だと思います。



このページから僕と一緒にお申し込みいただきますと参加費5千円が3千円になるそうですので、「転ばぬ先の杖」を用意しておきたい方は、ぜひ、このページの一番下からお申し込み下さい。
※配送・事務手数料を500円だけいただきますこと、ご了承ください。



そして、こちらも事前予約が必要なのですが、講演会終了後に18:20〜20:00 で、スピーカーを交えての懇親会がございます。こちらは、スピーカーの方々も参加するので、直接お話しできるチャンスでもあります。限定50名ですので、お早めに席を確保してください。

僕はこの日、夜に結婚式がございますので、参加できませんが、素敵な講師の方々と知り合うチャンスですので、一緒のご参加申込をオススメします。

なお、定員の50名に達しましたら、締め切らせていただきますので、お申し込み時点で定員に達しており、参加できない可能性もあることをあらかじめご了承ください。




普段、マスメディアでは得られない健康と医学の有益情報を、錚々たるメンバーが一日をかけて講演致します。

バイオレゾナンスをご存知の方が殆どの事と思いますが、もしご存知のない方がいらっしゃいましたら、以下からホームページをご覧頂き、治し方を追求し、治り方を高める診療方法を、お見知り頂くと今後の選択肢が増える事と思います。

===================
バイオレゾナンスとは
http://www.bio-resonance.jp/about.html
===================


■バイオレゾナンス医学会 九州大会

開催日時………11月3日(月・祝日) 10時30分-17時20分
開場時間………10時00分から入場可

■佐賀県立博物館・美術館
美術館 大ホール
〒840-0041 佐賀県佐賀市城内1-15-23

【電車】JR佐賀駅から徒歩約30分

【バス】市営バス「博物館前」下車(徒歩1分)
    市営・昭和・祐徳・西鉄バス「県庁前」下車(徒歩約10分)
    佐賀空港から市営バス「博物館前」下車(徒歩1分)

※駐車場に限りがございますので、公共の交通機関をご利用ください

会場の詳細は下記のページをご参照ください。
http://www.pref.saga.lg.jp/web/museum.html





<一般チケット5,000円>

<3,500円>
チケット代3,000円+送料・事務手数料500円




おかげさまで、先日の東京で開催された全国大会は、動員人数が、私が会員の中でトップだったそうです♪ ありがとうございます!

ということで、九州大会も、アウェイだけど、トップになれたら良いなということで、僕のところからお申し込みいただけたらお一人でも3人以上割引適用!という形で募集しますので、みんなでお得に参加しましょう♪





はこちら→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=220311

お問合せ→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=220315





チケット入手までの流れは、

お申し込み

ご入金

こちらからチケット配送

という流れでございます。



達もお誘い合わせの上、ぜひ一緒にご参加下さい

あなた様の人生における有益なヒントが得られますこと、願っております。





追伸:その日は参加できないけれど、
原因不明の謎の病気の原因を探る!
話に興味のある方はこちら!
↓↓↓
【原因を探るセミナー】
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-223f.html

【ペットの安心・納得!実践的 栄養学セミナー】
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-d3a9.html




Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






12:30 午後 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス医学会, バイオレゾナンス法, 代替医療 | | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

須崎動物病院と同じ様な診療をやってくれる人間の医療機関をお探しの方へ

clearspace_20x30

2014年8月17日(日)、僕が普段学ばさせていただいている、バイオレゾナンス医学会の全国大会があります。



バイオレゾナンス医学会 第5回 全国大会



この記事のタイトルの様なご希望のある方は、でもないうち」にこういう情報に触れ、いざというときの担当医を探してみることをオススメします!


これまで4回にわたり、なぜか、自分主催のセミナーの日とかぶっていたので、参加できなかったのですが、今年は大丈夫!



僕と一緒に申し込むと参加費1万円が5千円になるそうですので、「転ばぬ先の杖」を用意しておきたい方は、ぜひ、このページの一番下からお申し込み下さい。



余談ですが、11月3日(月)の九州大会では、僕がスピーカーとして登壇させていただく予定です。こちらの日も要チェック!



【お知らせ】

当初、「先着20名さまのみ」とご案内させていただきましたが、大阪出張でボヤボヤしていたら、46名の方にお申し込みいただいたため、医学会の事務局にお願いして、私の割り当てを75人に増員していただけることになりました。

このページからお申込頂いた方は、会員価格でご参加頂けます。

マスメディアでは得られない健康と医学の有益情報を、錚々たるメンバーが一日をかけて講演致します。

バイオレゾナンスをご存知の方が殆どの事と思いますが、もしご存知のない方がいらっしゃいましたら、以下からホームページをご覧頂き、治し方を追求し、治り方を高める診療方法を、お見知り頂くと今後の選択肢が増える事と思います。

===================
バイオレゾナンスとは
http://www.bio-resonance.jp/about.html
===================


■バイオレゾナンス医学会 全国大会
http://www.bio-resonance.jp/zenkoku5/

開催日時………8月17日(日) 9時50分-17時30分
開場時間………9時20分から入場可

■国立オリンピック記念青少年総合センター
カルチャー棟 大ホール
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1

小田急線:参宮橋駅より徒歩7分
地下鉄千代田線:代々木公園駅(4番出口)より徒歩10分

※カルチャー棟は正面入って左手すぐ
※お車でのご来場はご遠慮下さい

会場の詳細は下記のページをご参照ください。
http://nyc.niye.go.jp/





<一般チケット10,000円>

<5,500円>
チケット代5,000円+送料・手数料500円



はこちら→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=220311

お問合せ→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=220315





チケット入手までの流れは、

お申し込み

ご入金

こちらからチケット配送

という流れでございます。



達もお誘い合わせの上、ぜひ一緒にご参加下さい

あなた様の人生における有益なヒントが得られますこと、願っております。




Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス・メソッド」を、須崎が簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
バイオレゾナンス法でペットの病気の根本原因を探る【入門編】






12:27 午後 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス医学会, バイオレゾナンス法 | | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

【緊急セミナー】レヨコンプの使い方をマスターしたい方へ

Clearspace_20x30

バイオレゾナンス機器を使いこなしたい!

PS-10を買ったけれど、使い方が今ひとつわからない…」
「こんな時どうしたらいいのかがわからない…」
「『こんな時』の『須崎動物病院の使い方』が知りたい…」

という方向けに、
・実際に自分の機会を持ってきて
・本当の使い方
・裏技的な使い方を習得して
・自宅で使いこなせる様になる
ためのセミナーを開催します。

もちろん、
「これからPS-10の購入を検討しているが、どんな風に使えるのか?」
「診療でバイオレゾナンスのトリートメントを受けているが、
 どんなものか、もっと詳しく知りたい」

といった方の受講も可能です。

当日は、須崎のセミナーですが、
技術的に正しい解説もしていただける様、
ベレンクラフト社の社長と、
ドイツ振動医学推進協会 日本支部長も
ゲストでお呼びしておりますので、
かなり貴重なセミナーになります。



130823_bl_bioresonance0


なぜバイオレゾナンスなのか?

須崎動物病院では、2006年から診療にバイオレゾナンス機器を導入しました。

理由は、
食事だけでは改善しない…
→サプリメントを追加しても改善しない…
→マッサージを取り入れても改善しない…
→その他自然療法を取り入れても改善しない…

と、打つ手がなくなり、行き詰まったとき、

●体内の原因が
●どこに
●何が
●どれくらい
蓄積していて、

●何を取り入れたら排除できるか?
●この食餌・サプリメントは現在の状態に合うのか?
などを探れる仕組みがあったらいいのに…
と思ったからです。

つまり、
●リアルタイムで
●身体を傷つけることなく
●体内状態を探る方法
が欲しかったのです。

その時に探したものの一つが、
バイオレゾナンス機器でした。

その後、色々回り道をしながら学習しましたので、
皆さんが「わかりにくい…」という点も
たぶん通過してきていると思います。

そんな努力が伝わったのか、
2009年には、ドイツの本社の方々に
視察にお越しいただけました。



130823_bl_bioresonance1

須崎動物病院のレヨコンプPS1000をチェックしていただきました。



130823_bl_bioresonance2

「この人は、こんな本を書いているのです。」と、ドイツ語でご説明いただきました。



飼い主さんでも所有者が多い

ご存じの通り、
これは、医療機器ではございませんので、
何が治るというものではございませんが、

当院の診療を受診した方は、
「これは、うちに欲しい!」
と思われる方も多く、
ご家庭で購入される方も少なくありません。

そんな中で、
「買ったものの、使い方が今ひとつわからない…」
「こんな時どうしたらいいのかがわからない…」
「『こんな時』の『須崎動物病院の使い方』が知りたい…」
という方が少なくありません。

そんなわけで、
レヨコンプの使い方セミナー〜須崎動物病院編〜
を開催いたします。
(ベレンクラフト社さんや、ドイツ振動医学推進協会とは、一切関係ございません)



こんな方のためのセミナーです

このセミナーの目的は、
せっかく機械を買ったのに、使いこなせていないという
もったいない方を一人でも減らすために開催いたします。

●BATプログラム機器をお使いの方
●RAHプログラム機器をお使いの方
●BATもRAHも入っていない機器をお使いの方
●今後、導入を検討している方
●普段診療を受けているけれど、改めてバイオレゾナンスの話を聞いてみたい方

それぞれの状態で、どう使ったら良いのかを
シェアさせていただきます。

せっかく買った機器だから、
有効活用していただきたいと思っております。

そんなわけで、

・各プログラムの本質と使い方
・こんな時、どう使うの?
・テストの仕方
・皮のディテクタの使い方
・金属ディテクタの使い方
・布のディテクタの使い方
・デュープレックスの使い方
・レヨネータの使い方
・レヨテストの使い方
・記録媒体の使い方
・タブの使い方
・その他、参加者が知りたいこと

を学んでいただきます。

お持ちの方は、ご自分の機械をお持ちになって、実際に操作しながら覚えて帰って下さい。



正しく学んでいただけるための特別ゲスト!

しかし、私も全て理解しているわけではありません。
逆に、知りたいこともございます。

そんなわけで、
●独りよがりにならない様に
●私の疑問も解消したい
ため、

野呂瀬 民知雄 氏(ベレンクラフト社 代表取締役)
熊田 洋子 氏(ドイツ振動医学推進協会 日本支部長)

の両氏をゲストでお呼びしております。



独学の遠回りをここでショートカット!

独りで学べば、かなりの時間を費やします。

結局わからなくて、使わなくなったルームランナーや、ぶら下がり健康器の様な状態になっているご家庭も少なくないと伺っております。

それはとってももったいないので、
遠回りになる時間を短縮して、
まずは、使いこなせる様になってみませんか?

このまたと無い学びの機会を
ぜひ、有効活用してください。



セミナー詳細

=====
セミナータイトル:レヨコンプの使い方〜須崎動物病院編〜

セミナーの目的:
せっかく機械を買ったのに、使いこなせていないという
もったいない方を一人でも減らす

対象:
●現在、バイオレゾナンス機器をお持ちの方
●これからバイオレゾナンス機器を導入しようと考えている方
●須崎動物病院を受診している方
●フィルウを受診している方

開催日時:
2013年9月1日(日)
10:30〜16:30

主催:須崎動物病院

場所:須崎動物病院診療室

講師:須崎恭彦

定員:20名

持ち物:筆記用具、PS-10(お持ちの方はできるだけ持ってきて下さい。操作しながら出ないとなかなか覚えられないです。

ゲスト:
野呂瀬 民知雄 氏(ベレンクラフト社 代表取締役)
熊田 洋子 氏(ドイツ振動医学推進協会 日本支部長)

講義内容【予定】
※参加者のご要望次第で進行は柔軟に対応させていただきます。
 基本的には、参加者が知りたいことをお話しさせていただきます。

10:30〜11:30 バイオレゾナンスを使う上で非常に重要な前提
11:45〜13:00 各プログラムの本質と使い方
13:00〜14:00 昼食
14:00〜15:00 テストの仕方とツールの使い方
15:15〜16:15 質疑応答1
16:30〜17:30 質疑応答2
17:45〜懇親会

当日可能なこと
●RAHのアップデート処理の受付(無料!)

費用:21,000円(税込)
   →初回特別価格15,750円(税込)
=====






【Q&A】

Q1.私は、聞くだけだと忘れそうですが、実際に機械を持っていってもよろしいでしょうか?
A1.はい、是非、お持ちになって下さい。実際に操作をすることで、身につくものでございます。


Q2.
近くに駐車場はありますか?
A2.コインパーキングがございますので、ご活用下さい。



Q3.
昼食は持っていった方が良いですか?
A3.
お持ちいただいても構いませんし、近くにもカレー屋さん、お寿司屋さん、おそば屋さん、パン屋さん、京王ストア、さぼてん(とんかつ屋)、バーミヤンなどがございますので、そちらでお召し上がりいただくことも出来ます。



Q4.
聞きたいことが、上の「セミナー内容」の中にないのですが…
A4.
当日は、参加者の様子を拝見しながら、臨機応変に対応させていただくつもりです。あとは、質疑応答でカバーしてください。



Q5.
当日、RAHのアップデート処理は受け付けていただけますか?
A5.
可能だそうです。しかも、無料です!また、新しい資料もいただけるそうで、「アップデートご希望の人数が予めわかるとありがたい(ページ数が多いので、その都度、人数分だけ作っています)」と言われております。



Q6.
当日、各種周辺部品の販売はありますか?
A6.
諸事情により、当日の販売・受け渡しは出来ませんが、展示品はご用意させていただきます。
ご注文は当日受け付けて、商品は後日お送りする、支払いも後日ということでしたら、対応可能とのことです。




おかげさまで、満員御礼となりました。
直前の告知にもかかわらず
お申し込みを賜り、ありがとうございました。




Petacademy_logo_50x57 我が子の身体の中に必ずある、症状の根本原因を調べ、取り除く「原因療法」で活躍する「バイオレゾナンス法」を簡単にお話させていただきました。

詳細はこちら!
↓↓↓
http://petacademy.jp/SHOP/SUS-DVD035.html



10:24 午後 セミナーのお知らせ, バイオレゾナンス法, ペットアカデミー, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)