2015年5月 3日 (日)

快晴の山形で





ただいま、快晴の山形で、光合成中です。


今年から、家族との時間を積極的に増やすことにしました。そうしたら、次男に懐かれるようになりました。

よかった、よかった。

.



10:57 午前 心と体 | | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

デトックス研修1日目

Clearspace_20x25

おはようございます、須崎です。

ただ今、ックス研修に来ております。

体内の化学物質、重金属の蓄積を排除し、菌のバランスを整える
ことを、体感を通して学ぶという目的なのです。

参加者によっては、アンチエイジング、若返り
ということで参加されているようですが、
見た目で勝負していない私にとっては、
どうでも良いことです(笑)。


ところで、このデトックス研修は、
血液検査などもありますから、
須崎はあることを考えました…。


日常の不摂生の成果を確かめるのに加えて、
せっかくですから、
トコトンまで身体を傷めるだけ傷めてチェックしてもらおう!と思い、


検査2日前は睡眠時間1.5時間、
→検査前日は朝から夕方までノンストップで仕事、
→仕事が終わったら慌てて福岡に移動し、
→福岡空港からホテルに移動して
→チェックインしたらすぐに、

博多のはっちゃけた友人たちと、
→まずたらふく肉を食べ、
普段酒を飲まないのに(年間酒量5ml程度です)、
→女性的な男性がいらっしゃるバー その1
→女性的な男性がいらっしゃるバー その2
→最後にどすこいパブ(100kg超の女性だけのバー)
と3軒ハシゴし、

午前4時頃にどすこいパブのお姉さん達と
AKB48のヘビーローテーションを
お店の大型モニターでプロモーションビデオを視ながら
7回も踊り(この店の営業時間は「倒れるまで」)、

→最後の締めに5時ころ激辛担々麺を食べ、
→一睡もせずにそのまま徹夜で

ボディーチェックを受けてみました。



普段もかなり肉体に無理をかけた生活を送っているのですが、
何かあれば、増幅されて出てくるはず♪と思って、
血液検査をはじめとして、
各種検査してもらったところ…


結果は…


物質を測定する検査も、特に異常が無く、
気の流れを測定する検査も、特に異常がない
…。

「特に異常なしの健康体です!
 強いて言うなら、食べ過ぎが原因でしょうか、
 小腸にほんの少し炎症があるのと、
 普段、頭の使い過ぎなんでしょうけど、
 頭に気があがり過ぎているくらい。」
だそうです。


かと思うと、
普段規則正しい生活を送って来ている方が、
いろんな検査で引っかかっている…。


健康の秘訣はやはり、
暴飲暴食、不眠不休で不規則な生活を規則的に行うに限る
のでしょうか?

いろいろ学びになりました。



でも、身体の隅々までデトックスする
●鍼刺激
●発汗刺激
●秘密の点滴
●秘密のカプセル
●秘密の口内ケア
●秘密の腸内ケア
などで、二泊三日を過ごします。

私個人の検査結果は「今のところ」「つまんない」結果でしたが、
そのお陰で沢山のことを学ばせていただいております。



2

様々なデトックス成分を絶賛注入中!

Clearspace_20x60



08:09 午前 心と体, 病気?アレルギー, 病気?ガン, 研究・レポート, 須崎の健康生活!?, 須崎動物病院_診療 | | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

サイモントン・セミナー満員御礼!

おかげさまで、東京のサイモントンセミナーは満員御礼となりました。

情熱あふれる、意識の高い方々のお申し込み、ありがとうございます。


「おまけ」の須崎のパート「も」 かなり気合いの入った内容となっております。

楽しみにしていてください。


あっ!大阪会場はまだ募集しておりますので、 もしご都合付く方はぜひお越しください。
   ↓↓↓
http://www.susaki.com/html/vet/pc_event090307_08simonton.html



07:35 午前 心と体 | | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

マイナス思考な私はダメ人間ですか(涙)

先日の電話相談で、飼い主さんからこんなことを言われました。

「四六時中、この子がこのまま死んでしまうのではないかということばかり考えて、私も倒れそうです。こんなマイナス思考な私はダメ人間でしょうか?」

こんなことを聞かれると、私も困ってしまいます。


が、マイナス思考とは、そのときの状態を教えてくれるのだと思います。


私が今まで受講したセミナーのトップ10に間違いなく入るセミナーに「サイモントン療法」があります。

サイモントン療法は、ぜひ元気なウチに、時間とお金を作って(借金をする必要はありませんが)受講することを激しく・強烈にオススメするセミナーです。

このセミナーの中に、健全思考・不健全思考という内容があるのですが、これがまた非常に学びになるわけです。


前向きな人にも、「スゲェなぁ〜!」と思える方と、「何か違和感を感じる方」がいらっしゃいますが、その違いを明確に教えてくれるのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 思考           前向きか?    現実的か?
──────────────────────────────
 健全思考           ○        ○

 ポジティブシンキング     ○        ×

 不健全思考          ×         ×
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いずれにしても、妄想度が強すぎると、 現実から離れていくということでしょうね。


まだ起こっていないことを(←これがすごく大事)、あれやこれや、頭の中でこねくり回すという、すばらしい、イメージ力の持ち主なわけです。


ポテンシャル(潜在能力〜イメージ力)が高いわけですから、その向きさえ変わってくれれば、かなり期待できると思うのです。


あとは、無理なく少しずつ、心地よいペースで

今までは「これがそのうちこう(悪く)なる」

と考えていたことを

「これがそのうちこう(良く)なる」

と考えてくださればいいのですが、そこは長年培った思考パターン!

ご本人が意識して「変わるまでヤル」と思って行動してくだされば、解決するんですけどね。「変わったらいいなぁ〜」ではまず変わりませんが…。



時の時に時のことをする


ということに焦点を合わせておけば、 心が乱されずに済むというのが、私のスタンスです。

決して押しつけてもろくなことないですから。


無理のないペースで、理想の状態に変われたらいいですね。


マイナス思考な方は、ポテンシャルが高いわけですから、 是非、その実力を適切な方向へ使って頂けたらと思います。


あきらめない!という気持ち一つが、自分の変化に必要なんだと思いこむことも必要なのかもしれません。



ダメじゃないですよ♪



ただし、準備ができたら、違う思考パターンも身に付けてそんはないと思いますよ!無理せず、乗り越えよう!

space20

愛犬愛猫のごはんや栄養についての質問募集!    

Clearspace20x100



07:43 午前 心と体 | | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

その時点で考え得る最善を尽くしました

昨日は、

サイモントン療法 for ペットオーナー

ということで、サイモントン療法認定トレーナー(国内でただ一人)の川畑伸子先生にご講演いただきました。

 50人定員のところ、54名の方にお申し込みいただきました。急遽テーブルを増やして対応させていただきました。

今回は、川畑先生にペットロスに関するテーマでお話ししていただきました。

 川畑先生は、ペットに関する講演は初めてで、実は懇親会で伺ったのですが、サイモントン療法をペットとからめての講演は世界でも初めてではないかということでした。


世界初!

 まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、私がサイモントン・プログラムを受講した1時間目に、
「この話は、ペットの飼い主さん達に聞いて欲しい!」
と思ったことが現実になって、うれしかったです(個人的な話)。


 内容の詳細は、こちらを参照していただきたいのですが、
自分で企画しておいて言うのも変な話ですが、

よかった!

です。

 ペットロスというテーマとしては重い内容を、精神的な面だけでなく、「現実に即して具体的にどう対処したらいいのか?」の方向性を学べたことは、参加者にとっても非常に有益だったと思います。

感想文のごく一部を紹介させていただきますと、

  • ストレスが気を病ませ、病気になる
  • ストレスの反対はリラックス
  • 私が気を遣いすぎることは、私のエゴだということがわかり、私の中でスッキリしました。

    「このセミナーの内容は、病気を患った時だけではなく、
     生きるための希望の一つとして役立っていける気がしました。」


    「今日、家に帰った時点から、自分を大切にし、
     家族に優しく接しようと思わずにはいられませんでした。」


    「愛犬や愛猫、そして家族が亡くなった時のことを考えた時に浮かぶ
     漠然とした不安感を和らげる方法、
     そして、違った考え方ができるようになれそうです。
     今日は本当に来てよかったです。ありがとうございました。」


    サイモントン療法という言葉は、
     須崎先生のところではじめて知りましたが、
     もっと深く知りたいと思いました。まずは、本を読みます。」


    「私の長年の課題、
     マイナス思考の具体的な解決法を知ることができました。
     今までは、知っても、『どうせ私には…。』と思っていましたが、
     今回は、『これでやってみよう。できるまでやってみよう。』
     と思えるのが不思議です。『巡り会った』感じがします。
     この機会に恵まれたことに感謝します。ありがとうございました。」


    「この話は、ぜひうちの家族や、友人に聞いて欲しいと思いました。
     ぜひ、定期開催を希望します。
     両先生とも、お忙しいとは思いますが、
     どうぞご検討をよろしくお願いいたします。」


    「『自分に厳しい人は、同じことを周囲にも要求する。
      優しく振る舞うことはできるが、結局は厳しい』
     というお話、お恥ずかしながら全くその通りです…。
     それが、ストレスをうみ、体調不良につながるなら、
     考え直した方がよいですね。
     とてもためになるお話を伺えました。
     川畑先生、ありがとうございました。」


    「”病気は何かのメッセージ”
     何度も聴いている言葉ですが、今日はじめて腑に落ちました。
     川畑先生、また講演をお願いいたします。」


    「ちょうど一ヶ月前に愛犬をガンで亡くし、
     失意の中、重い足を運んで今日受講しました。
     そのことは私にとって栄養になりました。
     もうすでに今この時点で、
     少しずつ変われているのかなと思います。
     川畑先生、ありがとうございました。」


    「何年か前にペットを亡くしました。
     亡くなる1〜2週間前の彼女の様子や、
     看病のことを思い出すと、今でも涙が出てきます。
     『もっとできたことがあったんじゃないか?』
     『他の病院にも連れて行けば…。』と…。
     でも、川畑先生の
     ”その時点で考え得る最善を尽くしました”
     の言葉で気が楽になれました。
     これからはなくなった愛犬と別な形の関わり方をしていきます。
     ありがとうございました。」


    「自分が欲求を満たしていないと、
     近しい人やペットに期待してしまう傾向があることは
     とても納得できました。
     『ペットはこうあるべき!』という執着は、
     自分にとってもペットにとっても好ましくないことがわかりました。」


    「『死は終わりではなくステップである。』ということ、
     また、永遠の別れではないというお話には、
     本当に感動し、
     今までの考えから抜け出すことができたと実感しています。
     今後、サイモントン療法をもっと学びたいと心から思いました。
     本当にありがとうございました。」


    以上、みなさんの満足度が伺えるかと思います。

    川畑先生も、
    「みなさんの熱心さに圧倒されました。
     先生の所にいらっしゃる方は、学ぶ姿勢ができた方ばかりですね。」
    とおっしゃっておりました。

    当然です!

    (笑)

    サイモントン療法は、「ガンのセルフコントロール」という先入観で見てしまいがちですが、そうではありません。これを学ぶことによって、

    • どうペットと触れ合ったらいいのか、
      適切な距離感がわかります
    • 『健全な死生観』を学ぶことによって、
      『死の恐怖』から逃れられます
    • 逃げではなく、現実的に楽になる方法がわかります
    • ペットロスにならないためにどう意識して過ごしたらいいのかがわかります
    • ペットロスになった後、どう対処したらいいのかがわかります

    今回を逃した方、また機会がございましたら、ぜひ!


    次は大阪、8月25日です。
    興味を持たれた方はこちらをクリック!

    サイモントン療法に興味のある方はこちらをクリック!

    超オススメです。

    昨日参加して下さった方、ありがとうございました。

    ちなみに、サイモントン・プログラム、最初のワーク『喜び』で、
    がんばって2つしかかけなかったのは


    私です…。



    11:00 午前 心と体 | | トラックバック (3)