最近のコメント

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

須崎恭彦の著書

国内出版



『本当に使える勉強法』で紹介されました。

海外出版

国内出版 ペット・手作り食に関する本

  • 愛犬のための がんが逃げていく食事と生活
  • 『愛犬のらくらく健康ごはん』
  • 『かんたんで経済的 !愛犬のための手作り健康食』
  • 愛犬のための症状目的別食事百科
  • 『かんたん犬ごはん』
  • イヌに手づくりごはん
  • 愛犬のための手作り健康食
  • ネコに手づくりごはん
  • 7歳からの老犬ごはん
  • かんたん!手づくり犬ごはん
  • 愛犬のための症状・目的別栄養辞典

11願望実現・目標設定

2015年11月28日 (土)

あなたが望む結果・人生にするために必要なこととは?

clearspace_20x30

151128_bl_conc_qol



理想の人生にするためにこだわりたいもの


人生の質に影響を与える要素の一つは「質問の質」です。


今得ている現実は、今まで選択して取り組んできたことの積み重ねで得ています。

つまり、私たちは、好むと好まざるとに関わらず、「現状を作り出すことに成功している」のです。


現状に満足している方ならそれでもいいでしょう。


しかし、自分の人生を「もっと良くしたい!」と思われているなら、「質問の質」にこだわってみるのもいいかもしれません。




目先の利益を追うか?本質的な解決をするか?


結果に結びつくのは行動です。

どんなに高尚なことを考えたとしても、行動しなければ結果は得られません。


しかし、どんな行動をするかは、「解釈→思考→決断→行動」のプロセスで決まります。


その「解釈→思考→決断」に影響を与えることで重要なことの一つが「質問」なのです。



例えば具合悪くなった場合の質問として、

Q1.「どうやったらすぐ不快感を減らすことが出来るか?」

Q2.「どうやったら不調の原因を取り除くことが出来るだろうか?」

などが考えられると思いますが、


Q1. だと、原因はそのまま残っていますから、薬で一旦ラクになったとしても、薬を止めたら再発する可能性があります。


一方Q2. は、症状が出る原因を取り除くわけですから、取り除けたら再発はしばらく無くなるはずです。



この様に、質問一つで「目先の利益を追うだけで終わるか」「本質的な解決をするか」が分かれます。




経験したことの無いことは想像できない!


とはいっても、いきなり質問の質を変えようとしても変えるのは難しいのが現実です。


なぜって、山形に行ったことの無い人に「山形のことを想像してみて」と言っても何も思い浮かばないのと同じように、予備知識も無く知らない分野は想像がつかないからです。(ちなみに私は山形出身です)



そこでオススメなのが、「成果を出している人」を食事に誘うことです。


「頑張っている人」ではありません!「成果を出している人」です。



そして、いろいろな質問をぶつけて、その人の考え方・ものの見方の「自分との違い」を観察するのです。



これを繰り返していると、あるときに「ハッ!」と「成果を出している人特有の考え方・ものの見方」に気付くでしょう。



そうしたら、その考え方・ものの見方を自分の中心に置いてみてください。質問内容がずいぶん変わってくるはずです。




あなたが望む結果に繋がる質問に集中しよう!


個人相談にのっていると、「その質問、もったいないなぁ〜」と感じることが多々ございます。特に、考えが堂々巡りしてしまう方と、いつも慌てて即決して失敗する方にそう感じます。



ぜひ、「あなたが望む結果に繋がる質問」をしてみてください。



「この質問の答えを手に入れて、自分は望む結果を得ることに繋がるのだろうか?」

と吟味する習慣は大事だと思います。



ということで、人生をさらに良くしたいという方は、「あなたが望む結果に繋がる質問」に集中してみてください



今日も一日、頑張りましょう!
 
 
 
※この記事は、以下のメルマガ読者からいただいたご質問にお応えいたしました。もし、須崎に何か聞いてみたいことがある方は、ぜひ、メルマガをご登録の上、読者専用質問フォームからご質問ください。

お急ぎの方は、個別相談(有料)で対応させていただいておりますので、そちらもご利用下さい。







集中力を高める方法メールマガジン


Clearspace_20x90

2015年9月14日 (月)

◆反省点は必ず記録し、読み返す◆

世の中、うまく行くことばかりではありません。

ときどき「望む結果に至らないこと」もあります。

でもそれは、しかたないこと。

記事の続きはこちら!

http://www.susakiyasuhiko.com/column/1195/

2015年8月14日 (金)

◆言葉が変わると世界が変わる◆

言葉が変わると世界が変わる!

詳しい記事はこちら!

http://www.susakiyasuhiko.com/column/1241/

2015年4月13日 (月)

■あえて厳しく突き放す指導者もいる!■

あえて厳しく突き放す指導者もいる!

詳しい記事はこちら!

http://www.susakiyasuhiko.com/column/1419/

2015年3月25日 (水)

◆「動いてみてから考える派」になりました◆

「動いてみてから考える派」になりました

詳しい記事はこちら!

http://www.susakiyasuhiko.com/column/1410/

2015年3月12日 (木)

諦めずに準備していたら、次の道が見える



実は12月10日に、衝撃的な出来事がありました。


いままで10年以上取り組んできたことを、時代の流れに合わせて大きく軌道修正しなければならないことになったのです。


しかも、ゼロから…。


そんなことになったら、あなただったら、どう解釈し、どう考え、どう行動するでしょうか?


私も、その時点では方向性が全くわからず、「何から手をつけたら良いのだろう?」と頭を抱える状況でした。


そこで、


今までのしがらみや経験を一切捨てて、ゼロからものごとを組み立てるとしたら、どうするだろうか?


と考え始めました。


それでも、心の底からオッケーを出せるアイデアがいつもの様に湧いてこないのです。


「困ったなぁ〜。これで歳を越すのか…」


と思っておりました所、出張先で受講したセミナーで、ドンピシャのヒントというか、答えがやってきたのです!!


たぶん、12月10日に衝撃的な出来事が無かったら、
スルーしていたかもしれない話だったので、衝撃度が高くて良かったです。


この様に、「今までの手法が全く通用しない出来事」
が起こると、「万事休すだ…」と落ち込む方が少なくありません。


集中力を高める方法


しかし、今回の私は、


全ては失敗ではなく途中経過!何かあるはずだ…


という気持ちになって、アンテナを張りまくったのが良かったのかもしれません。


ですから、もしあなたが、
「今後、望む結果が手に入らない」状況になったとしても、それは、


●活躍の仕方を工夫しなさい
●活躍の場を変えなさい


などの意味合いがあるのかもしれません。


そう考え直して、落ち込んだりせずに、悪あがきしてみるのも良いのではないでしょうか?


諦めない気持ちは、とても大事です。


私も、諦めずに悪あがきしたら、すごいヒントが降って湧いてきました!


なんでも、準備が整った人の所にチャンスはやって来るそうです。


一日を大切に、充実した時間をを過ごしましょう!







集中力を高める方法メールマガジン

Clearspace_20x90

2015年3月 4日 (水)

頑張っているのに結果が出ないときの考え方



頑張っているのに結果が出ないとき、私は、
●頑張り方が間違っているかも?
●頑張っている所が間違っているかも?

と考えることにしています。


これは、私の例ですが、2014年の6月、余命宣告されるほどの事態が体内で生じ、シッポが脱毛した犬が、須崎動物病院 大阪移動式診療を受診しに連れて来られました。


そこで、原因を探り、排除する努力をしたところ…


体調が戻り、半年後には、余命宣告された病気の症状は消え、しっぽに毛がふさふさと生えてきました!


シッポを小まめに洗浄していた頃は何も生えてこなかった…にもかかわらずです。


昔からよくいわれていることですが、体内で大変なことが起こると、生き死にには関係ないところから、コントロールがストップすることがあります。


毛は、真っ先に影響が出てくるポイントの一つのようです。


集中力を高める方法


今回のケースから学べることは、
症状が出ている所と根本原因のある部位が異なるケースがあることです。


つまり、どこかが問題だろうと考えて行動すると思いますが、それが見当違いで、頑張っている領域と、結果に繋がる領域が異なっていたら、結果に結びつかないものです。


このケースと同様に、


こんなに頑張っているのに成果が出ないのは、指導者が悪い!
ノウハウが悪い!
ツールが悪い!


と他人のせいにしがちですが、意外と頑張る土俵を間違えていることもあります。


第三者の率直な意見を参考にしつつ、あなたの努力が報われる場所でがんばってください。


わりと上手くいっている人は、自分で気付いて軌道修正するので、あまり大きな問題に発展しないものですが、うまく行かない人は、力一杯取り組むため、視野も狭く、見落としも多く、結果的に見当違いの頑張りをしていることも少なくありません。


もし、「頑張っているのに…」と、もどかしい思いをなさっているなら、視点を変える事ってとても大事です。


特に、先入観が多い場合は、なおさら大事です。



ところで、余命宣告は大きなお世話ですが、条件が整えば、毛も生えてくる!みたいです。


身体は不思議で、謎だらけです。


だからこそ、諦めたり、決めつけたり、わかった気になったりせず、謙虚に、
「身体にお伺いをたてる」の精神で、取り組みたいと思います。



本日も素敵な一日なりますように^^





集中力を高める方法メールマガジン

Clearspace_20x90

2014年10月26日 (日)

◆優先順位をはっきりさせること◆

優先順位をはっきりさせること

詳しい記事はこちら!

http://www.susakiyasuhiko.com/column/1025/

2014年10月25日 (土)

◆目標が定まらない◆

目標が定まらない!

詳しい記事はこちら!

http://www.susakiyasuhiko.com/column/1320/

2014年7月 3日 (木)

◆望む状態になるためには◆

迷ったとき
今、
何をしたらいいかわからないとき
将来に
不安を感じたとき…

詳しい記事はこちら!

http://www.susakiyasuhiko.com/column/1199/